人気ブログランキング |

先行句

前にも少し書いたけれど、小川軽舟『手帖』は素敵です。

ビートルズで言えば、アビーロード。食事で言えば、ゆうべ美味しく炊いたごはんに、次の朝、美味しくいれたお茶をかけて、だし巻きたまご、塩昆布、おこうこ、蒲鉾などをおかずに食べるお茶漬け。

つまり広く一般の高い評価を得ること確実な一方、誰がなんと言おうと大好き、という感じです。

そのなかで、ちょっと立ち止まった句。

  満月の裏まつくらや沈丁花  小川軽舟(手帖 p42)

  下半身ぞんざいにして案山子たり  小川軽舟(手帖 p178)

立ち止まったのは既視感があったから。

  満月の裏はくらやみ魂祭  三橋敏雄

  下半身省略されて案山子佇つ   大石雄鬼(1996年

いえ、類似を問題にしようというのでは、まるでありません。似ていてもいいんだな、と。

人間、似たようなことを考えます。問題なのは、ありがちに陳腐なことを句にしてしまうことで、それはもう、似たかたちの先行句があろうがなかろうが、句にしちゃあいけないわけです。

先行句の有無を、それほど重大に考えてなくていいような気がしていますです。はい。
by tenki00 | 2008-11-22 19:06 | haiku
<< 11月のくにたち句会のお知らせ また、むちゃくちゃなことを >>