人気ブログランキング |

にっぱち

立秋を過ぎても暑いと、みなさんおっしゃる。

というか、立秋を過ぎて涼しくなったためしなど、ない。コメント欄参照太陰暦から太陽暦に切り替えたとき(1873年の改暦)、そのへんのことは斟酌せず、そのまま乱暴に暦の節目を移行させたもんだから、それ以来ずっと、暑いさなかの立秋、寒いさなかの立春をくりかえすことになった。

俳人さんたちは、立秋を過ぎたら秋の句をつくるべきなのか(暦・歳時記重視)、こんなに暑いのだから夏の句でいいのか(実感重視)、悩むところとなり、これまたくりかえし話題となる。ところが、これを二者択一ではなく、融通無碍に、どっちもオッケーとしてしまえば、8月は、夏の句も秋の句もどっちも作れる愉快な月。いわゆる俳句天国。

2月も同様。立春を過ぎても、まだまだ寒い。冬の句もアリ、春の句もアリ。

にっぱちは、俳句を捻るぶんには、とてもありがたい月なのですね。
by tenki00 | 2008-08-08 21:17 | haiku
<< こう暑いと ん? 検閲? >>