人気ブログランキング |

十二音技法 vs 五-五音打法

「十二音技法」vs民也さんの「五-五音(不動の中七)打法」

俳句における十二音技法は、ほとんどの俳人が日常的に実践していること。e.g.季語の斡旋、取り合わせ。

誰だ? 特別の技法みたいに言ったのは?(名付け親の遠藤さんではない。遠藤さんの論旨は、俳人の日常的な作句手順への異議申し立てであった)

「五-五音打法」はラディカルかも。

少なくともストイック。ストイシズムとは無縁の十二音技法と比べれば、はるかに。

私自身、どちらに関心があるかといえば、もちろんのこと、「五-五音打法」。

ある種の十二音技法は、当初、偶然・事件へのコミットメント(チャンス・オペレーション)のようにも見えたのだが、じつはそうではないのだし(季語を伏せておいて作ればいいのにネ。伏せないとなると、斡旋のしかた、取り合わせの按配を手習うにすぎない)。

十二音技法とは、俳句の幾万の屍のふところをまさぐって、数個の金時計や金貨をせしめる作業のようにも思えてくる。


〔参考〕十二音技法と偶然についての興味深い記事
アボガドロ定数「ラブジェネレーターと福笑い」
http://1mol2mol.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_bdbd.html
yasnakam→blog「このごろは閻魔大王どうですか」
http://yasnakam.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_9e80.html
by tenki00 | 2007-12-04 01:39 | haiku
<< 2007年12月5日水曜日 俳句漫遊記117 踏む >>