人気ブログランキング |

あらゆる深さをはぐらかす~表面主義俳句宣言・断章

だが、表面とはなにか。それは存在のあらゆるカテゴリーをのがれるなにものかではないだろうか。表面は存在論の文脈から脱けおちる。それは、表面が、ほとんど定義によって、存在論の対象となりえないからだ。表面は厚みをもたず、どんな背後にも送りとどけず(なぜならその背後もまた表面)、あらゆる深さをはぐらかす--そのとき、ひとは軽蔑をこめて表面的と形容するだろう。宮川淳「ジル・ドゥルーズの余白に」(『紙片と眼差とのあいだに』小沢書店1974所収)


ねえ。そろそろ、心とか気持ちとか、モノの本質とか、そういうこと、やめにしませんか? うっとうしいので。

そのとき、ひとは軽蔑をこめて「表面的俳句」と形容するだろう。

そんな句がよろしいです。もちろん実現は、なかなかに困難ですが。


過去記事
http://sky.ap.teacup.com/tenki/112.html
by tenki00 | 2007-02-26 01:28 | haiku
<< その手前に形づくられる読むこと... 胃のない猿 >>