人気ブログランキング |

ヘンテコリンなもの探し 攝津幸彦(1)

以前、振り子さんの句でヘンテコリンなものを探したが、今回は攝津幸彦。まずは第一句集『姉にアネモネ』(1973)から。

西出口
アジア
あぶら屋
四谷
五人

春巻き
矛盾
皇后研究会

強力なヘンテコリンは意外に少ない。さて、句。

再会の紺を絞りぬ西出口  攝津幸彦(以下同)
ことにはるかに傘差し開くアジアかな
あぶら屋の三女の顔を濡らして婚

私の母の実家、屋号を「あぶら屋」と言った。母は次女なんだけどね。

喉元を過ぎて四谷の椿かな
夢臭き枯野を渡る五人かな
中世の股して狂ひあふ老婆
春巻きを揚げぬ暗黒冬を越え
葱抜きて青き矛盾を捨つるなり
六月の紙燃ゆ皇后研究会

初期は詩的テンションが高い。このあと、とぼけた味わいが出てくる。そっちのほうが好き。
by tenki00 | 2006-12-22 21:03 | haiku
<< 豆の木 12月の2句競作 より 俳句漫遊記100 西野文代 >>