人気ブログランキング |

「俳壇」の機能?

俳壇についての信治さんの記事が面白い。
http://uedas.blog38.fc2.com/blog-entry-42.html

評判記に端を発する「想像上の社会空間」としての「壇」という学究的把握を見いだした仕事は、俳人として上出来(失礼な言い方ですが、俳人全般をおちょくって、信治さんを誉めてます。為念)。

さて、俳壇についての信治さんの列挙は、前半は、見覚えがあり(特にギルド等。ただし「職業ギルド」としてはかなり情けないものではあるが、前にも指摘したので、もういいか)、後半は有意義な展開。特に…

「自己目的化」とか「相互監視」とか「教条化」とか「蛇の尻尾呑み」とか「定向進化」とか「よそとの交流のない村で血族結婚を繰り返し」とか、山ほど不健康なことが起こる契機がある

…という箇所に、「俳壇」やら「壇」やらが生理的に大嫌いな私としては過剰に反応してしまう(不健康は好きなのに、ね)。だが、つまりは、生理の問題だと思う。理屈より前に、生理が忌避する。逆に生理的に、こういうものを好む人間は確かにいる。ここは生理で分かれるところだから、議論は生まれない。

さて、信治さんは、「不健康」な契機に敏感でありながら、せめて「評価の装置」としての「健全性」を問題にする。この場合の健全は、うまく動く、つまり機能するという意味だろう。評判記が出自のはずの「俳壇」の、その評価機能はどうなのよ?という話で、その結論は、暗示で終わる。「こわいおっちゃん? ていうのも、ださいんだよな。」

誰か特定の「人」が担保になるというのは、私には考えにくいが、「井の中の俳句」だから、それも可能なのかもしれない。担保は、市場でも、歴史が語りづくる理念でもないのかもしれない。
※だが、それこそが、例えば「読者の反応」という文芸なら当然持っていていいはずの評価の核をもてない俳句の不幸にちがいない。

ところで、信治さんのこの記事は、俳壇をホリゾンタル(水平)に捉えるには充分な問題設定だが、補足としてヴァーティカル(垂直)に捉えてみたい。つまり「壇」というのは「積み重なったもの」ということだ。

この壇は下に行くほど広い。私は50万人くらいと踏んでいるが、まあ、よく「俳句人口100万人」とかそういうふうに言われる底辺の「俳壇」だ。俳句愛好者全員を「俳壇」と呼ぶのに抵抗がある人がいるかもしれないが、実は、俳句総合誌などはこの大きなパイを俳壇と考え、その求心力(そんなもの、もちろん架空だが)として、限定数の「俳句作家」を据えているフシがある。二重構造。また、桂信子があの有名な発言で「俳壇は多すぎる」と言ったのも、この50万だか100万人を対象としている。

つまり、俳壇は、脈絡によって、また人によって、広い裾野を持ったり、頂上付近だけだったりするわけだ。これがヴァーティカルな捉え方。当たり前といえば当たり前だが、言説の対象となる「壇」は一定でないということは、頭に置いておいていい。

そこで、「俳壇なんて、まったくもって、どうでもいい」人間にとっては、その裾野に数えられるのも迷惑な話で、「想像上の社会空間」は、想像を共にする人たちにとってだけ意味があると思いたいところだが、現実にはなかなかそういうわけにはいかない。

一方、この「想像上の社会空間」の存在が、現在ほど、「そのなかにいる人間にしか見えない」時代はないのかもしれない。たとえば、俳句世間の外の人にとっては、この「壇」の頂上さえもよく見えない。具体的にわかりやすく言えば、俳句に携わらない人に対しても存在感を示す作家(これが存外大事なのだと思う。井の中の文芸分野で終わらないためには)は、金子兜太以来、出現していない(兜太が俳人としてどうという評価ではない。社会的に見て、という意味ね)。

もちろん俳句という井戸の中でよく名前を知られた「作家」はたくさんいらっしゃる。田島さんなどは、「たくさんいすぎるから、外からよく見えない」と把握していらっしゃるようで、その考え方は、私には「作家の間引き論」のように映る。昭和の良き時代、ちょうど良い数の有名作家が居並んでいた、そのイメージなのだろう。「今はちょっと多すぎて、よくわからん。中途半端な作家は消えろよ」とも聞こえる。かなり過激で、すごく面白い。そして、いま「俳壇」というとき、田島さんの把握はしっくりこないこともない。俳壇とは、どうでもいいような作家が足の指まで使っても足りないくらいたくさんの数、「有名作家」の顔をしている場所のことのようなのだ。

信治さんの問題設定に帰れば、俳壇において「評価」が機能するかどうか。これについては、「機能して、どうなるものでもないだろう」とも思ってしまうが、そこのところはどなのだろう? まあ、これを言うと、あまりにも現実から離れてしまうか?

いろいろとりとめなく書いたが、要するに、「俳壇」という、そう呼ぶだけで大笑い的に(いわゆる)ダサいものにも、クールに向き合う信治さんは、えらい。同時にクレバーだとも思う。今後の「俳壇論」を楽しみにしたい。
by tenki00 | 2006-03-24 01:40 | haiku
<< 俳句作家間引き論…ということで... 電器製品の寿命 >>