人気ブログランキング |

擦り切れた語・擦り切れたセンテンス

あめを:よお!
てんき:来たか、暇人。
あめを:暇人はないだろう? 下流社会の一典型。
てんき:ほっとけ。ところで、今夜は何の話だ。
あめを:うん、年末特番の前にひとつ、オトナな「語」・コドモな「語」という前のエントリを片づけておきたい。あれだけじゃ、言葉足らずだろう?
てんき:まあな。
あめを:キミひとりに俳句を語らせるとロクな事がない。やっぱりボクがいないとダメだな。
てんき:ほんとかなあ。話がややこしくなるような気もするが、まあいい。どこを補足してくれる?
あめを:オトナな「語」という捉え方はいいんだが、同時に擦り切れの激しい「語」もある。
てんき:例えば?
あめを:まあ、これには「俳句においては」という限定がいるとは思うんだが、例えば「故郷」「命」「魂」……。
てんき:なるほど。
あめを:イメージ喚起力の大きな語は、ある部分で酷使されるから、どんどん消耗していく。例えば、「魂」という語を真正面から技も笑いもなく句として扱っても、ろくなことは起こらない。「故郷」もそうかな。それだけで人の気持ちを吸引するが、安易な広告看板にしかならない場合も多い。
てんき:例で挙げたのは、抽象語かつ使用頻度の高い語だな。
あめを:すでに人間の頭(意識)という加工過程が入っちゃってる語は、危ない。「人生」というのもそうだろう? いまどき演歌かバカなオヤジの自費出版本のタイトルくらいしかお目にかかれない。擦り切れ語の典型だな。
てんき:俳句に「人生」という語を詠み込むなんて、誰も考えない。
あめを:そう。ただし、ときどき「人生」を使ったバカ句を見かける。さっき見たぞ。「俳句な毎日」で。
てんき:あはははは。ボクの句ね。
あめを:「湯豆腐や人生ぜんぶ変化球」。ここまでバカなら、認める。
てんき:いやあ、そう言われると照れる。
あめを:安心しろ。世間は認めない。
てんき:あ、そう。久保田万太郎を超えたかな?
あめを:それは知らん。超えなくていいよ、そんなとこ。
てんき:あ、そう。
あめを:キミの生涯の一句と言われたら、この句を挙げるといい。実際、変化球ばかりだからな、キミは。シノギも俳句も音楽の趣味も生活全般。だから、誰かに色紙を書いてくれと頼まれたら、ま、そんな機会はないだろうが、この句を書けばいい。
てんき:それ、誉めてる?
あめを:冷静に叙述している。ところで、りゅうさんのコメントがおもしろい。てふてふさんにいったん同調した。
てんき:ああ。てふてふさんがうまくいじってくれた。そこへ、りゅうさんは、いい人だからね、句を拾い上げる態度で臨むんだ。
あめを:でも、「冷静に考えると、こっちのほうがいいな」と別の句にコメントを付けておられる。
てんき:あはは。バカバカしさに気づいて、「こりゃまずいな」というわけだ。
あめを:まあ、ともかく、キミの代表句、今年一番の句が生まれてよかった。でもね、もっとバカバカしくて、もっと巧い句がある。「とげとげのぼたぼた人生馬糞海胆」(なむ)。
てんき:おお! それがあった。
あめを:試しに「人生」で俳句検索してみるか。
てんき:さすがに純粋のバカ句はないが、うまく人生をおちょくった句もある。
あめを:真正面から人生!という、いわゆる「痛い」句は少ない。
てんき:すごく「痛い」句もあるから怖いが。
あめを:まあしかし、予想したよりは少ない。さずがに「人生」という語を使うときは、そのへんには気を配るわけかな。
てんき:話を戻そう。人生を語ってるわけじゃなかった。「語」は成熟の一方、擦り切れという問題もあるというところだった。
あめを:話が別の方向に行ったが、収穫もあった。擦り切れた語も、使いようによっては、あるいは、その擦り切れ感を逆手にとると、おもしろい句もできるということだ。
てんき:なるほど。
あめを:一方、物体をさす語は、擦り切れにくい。「林檎」とか「川」とか。ところが、それも、使いようによっては擦り切れ感が出る。
てんき:語と文脈という問題だな。
あめを:林檎と汽車、林檎と故郷。こういう組み合わせは、はじめて俳句に詠まれたときは、それなりの価値もあったのだろうが、「詩」として酷使された結果、双方の語が擦り切れてしまう。
てんき:常套の組み合わせというやつだな。以前、戯れに五七五にした。「花林檎見えて必ず汽車ぽっぽ」。
あめを:高い建物と「鳥雲に」「鳥の恋」なんかもそう。「煙突が立てば必ず鳥雲に」。生命と月なんかもそう。「妊娠後出産月が出てをりぬ」。死のモチーフと曼珠沙華なんかは、常套以前の「さすがにそりゃナシよ」のはずだが、いまだに目にする。
てんき:まあ、そういう使い古された組み合わせは五万とあるはずだ。そのへんをうまくかわしながら、擦り切れ感を避ける。理想を言えば、大昔からあるはずの語が、いま生まれたかのように新鮮に響く句が、いい句ということにもなる。
あめを:そう。語の擦り切れというより、文(センテンス)になったときの擦り切れが問題なわけだ。センテンスのひとつが俳句。林檎という語がひとつきりあるあいだは、それだけのものだ。そこにもうひとつ言葉が加わったとき、何かが起こったりする。言葉の反応だ。
てんき:ふむ。
あめを:2つの言葉がぶつかると、「詩」が始まったりする。「俳句」が始まったりもする。そのとき、新鮮味のない中年夫婦のような組み合わせだと、どっちの語も擦り切れ感バリバリとなる。
てんき:その中年夫婦の譬えこそが擦り切れ感! いやだなあ、それ。
あめを:わかったわかった。あやまる。ともかく、どうやって、語を擦り切れさせずに、言葉を遊んでいくかが俳句。
てんき:そこが俳句の難しさ、俳句の面白さということだな。
あめを:そういうこと。じゃ、そろそろ晩飯にするか。
てんき:食べてくわけ?
あめを:yuki氏~、おかずは何~?
ゆ き:湯豆腐と昨日の鮭はらす。
あめを:おお、質素な晩飯だなあ。さすが下層民。
てんき:ほっとけ。
あめを:鮭の皮のような人生。
てんき:おたがいにな。
ゆ き:そこ片づけてくれる? バカ話はそれくらいになさいね。
あめを・てんき;はいー!
by tenki00 | 2005-12-13 19:55 | ameo & tenki
<< 桂信子氏「あっちとこっち」発言... まだコドモな「語」たち >>