人気ブログランキング |

俳句というのは、なんだな、すごく恥ずかしいな

あめを:よお!
てんき:おっ、来たな、暇人。
あめを:暇人はないだろう、生活の不自由な人。
てんき:ほっとけ。って、この導入、なんだか落ち着く。
あめを:基本に戻るということだな。
てんき:基本、フォ~!
あめを:まだやってるか。やめろ。それより「含羞」だ。急遽、今夜のテーマ。
てんき:ふむふむ、前エントリのコメント欄ね。
あめを:あの話の脈絡からは唐突だな。話が飛んだ、ということは、含羞ということがキミの中に長く居座っているという証拠だ。
てんき:ヘタな分析。
あめを:そうかな。俳句における含羞。俳論にはならないが、ボクにも興味がある。
てんき:単純な話、恥ずかしくない? 俳句を作っていて。
あめを:恥ずかしいな。
てんき:そうだろ?
あめを:出来不出来にかかわらず恥ずかしい。
てんき:そうだろ?
あめを:第一、五七五というのが恥ずかしい。
てんき:うん、しばしば感じる。
あめを:五七五の恥ずかしさの理由というのが、最近、わかった。
てんき:へえ、なに?
あめを:子どもの頃、炭鉱節とか聞いただろ?
てんき:ああ、テレビでね。
あめを:♪月が出た出た、月が出た…あれ、聞いてて、どう思った?
てんき:凄く恥ずかしかった。
あめを:そうだろ?。ボクもそう。これはね、かなり根っこの部分の恥ずかしさなんだな。ここにこうやって生まれてきちゃったっていう…。五七五は、その部分を意地悪く刺激する。
てんき:日本人?
あめを:それもあるが、もっと普遍的なもんだな。言葉という共同性が恥ずかしい。
てんき:あはは。そこを突き進むと、何もしゃべれない、何にも耳を貸さないということになる。
あめを:うん。人間が恥ずかしい。な~んて言うと、話がややこしいから、俳句に戻そう。五七五は、しばしば、凄く恥ずかしい。にもかかわらず、キミもボクも五七五で俳句を作っている。
てんき:そうだな。五七五音の定型はかなり意識している。もちろん、六七五やら七七五やら七五五やら、ヴァリエーションはあるけどね。
あめを:なぜだ? いわゆる破調、自由律とまで行かなくても、いわゆる五七五からもうすこし自由なリズムもある。
てんき:ううん。そういうのもアリ。そうは思うが、基本的は五七五を意識する。
あめを:だから、なぜ?
てんき:パンツかな。
あめを:パンツ?
てんき:うん、五七五は「これは俳句ですよ」というサイン、というかエクスキューズ。それをはずしてしまうということは、ボクにとって、パンツも脱いでしまって、すっぽんぽんみたいな感じがする。
あめを:なるほど。定型は、裸寸前の最後の一枚。それをはずすと、丸裸で「詩」みたいなものに向き合うことになるということか。
てんき:うん、それは今のところ、したくない。「定型というパンツくらい履かしてくれよ」という感じかな。
あめを:五七五のことはわかった。俳句そのものの恥ずかしさについてはどうだ?
てんき:それはむずかしいなあ。なんでだろう? キミはどうなんだ?
あめを:むずかしいね、説明するのは。ヘタならヘタで恥ずかしい。俳句にちょっと慣れてきて、そこそこうまく行ったときも恥ずかしい。これは難儀だなあ。でも、俳句は続けている。
てんき:しかし、ちょっと考えてみると、そういう自分の中のハードルがあるからこそ面白いという側面はあるのかも。ちょっと抵抗がある。だから遊びにコクが出る。
あめを:なるほどね。そこで聞きたいんだが、キミの言っていた「俳句における含羞」ということだ。実際に出来上がった句に含羞があるかどうか。含羞のある句が好きと言っていたね。ボクもそうなんだ。でもね、自分で俳句を恥ずかしいと思うことと、作る句に含羞があるかどうかは、別問題だろう?
てんき:そう、それは問題でね。俳句が恥ずかしいと言いながら、作る句に含羞のカケラもないという場合がいちばん怖い。やっかいだ。自分の句が、それを免れているかどうか、それはどうにもこうにも心許ない。
あめを:あはは。それは恐怖だなあ。
てんき:どうなんだろう?
あめを:え? ボクに訊いているわけ? それは知らないなあ。ひとりで悩め。
てんき:ううん、悩み続けるしかないか。
あめを:含羞を感じる俳人に、なむさんを挙げていたな。
てんき:わかりやすい例だろう?
あめを:含羞というのは、しかし微妙な要素だな。
てんき:ああ、人によって感じ方は違うだろう。
あめを:じゃあ、含羞を感じない句は?
てんき:それも具体的にはむずかしいが、例えば、しょっちゅう感動する人がいる。
あめを:いるな。
てんき:感動を伝えるのが俳句、みたいな言い方さえある。
あめを:どうということもない出来事を「ほらほら」と見せてくれようとする句があるな。
てんき:ま、どうということもない出来事が面白い場合もあるんだが、それを話すとややこしくなる。ともかく、その「ほらほら」というスタンスには、含羞はないな。
あめを:うん、それはわかる気がする。
てんき:こんなこと、他人様に話していんだろうか、読んでもらっていんだろうかという感覚が真っ当だと思う。
あめを:なるほど。
てんき:それに、実際、そんなに感動なんてするものでもない。
あめを:もっと原理的には、自分が感じたということと、俳句をつくるということの間に断絶というか距離があるはずなんだ。
てんき:そのとおり。「感じたことを俳句にする」というのは、ちょっと違うと思う。
あめを:だからね、さっきの脈絡に戻せば、「感じたことを句にする」「感じたことを伝えるのが俳句」と疑いなしに句を作っている人には、きっと含羞はない。そういうことだろ?
てんき:まあ、「感じる」という語ひとつとっても、人それぞれ。その点の困難さもあるから、ややこしいけどね。
あめを:ただし、感じることと句をつくることの間にある距離や壁、それを乗り越える方法はいろいろありそうだ。そこで「含羞」もまた、えいや!と飛び越えるための一要素ではあるような気がしてきた。
てんき:それはそうかもしれない。含羞は、言葉にウソをほどこす。言葉というウソに、二重塗りみたいに。
あめを:今夜はずいぶん話がややこしいほうに行くなあ。まあ、いいや。そういうことかな。言葉は「虚」だという理屈っぽい話は置くとしても、どうウソをつくかという話?
てんき:いや、むしろウソを前提にできるかどうか、だろう。虚構というのではなくてね。
あめを:また、別方向に話がややこしくなった。
てんき:だったら、下世話な話にしよう。句会なんかで、自分の句について「だってほんとにこうだったんだもの!」と言う人がいるだろう?
あめを:ときどき見るね。
てんき:それ聞いて、どう思う?
あめを:「ほんとのことを句にするなよ、ウソくらいつけよ」。
てんき:そうだよな。ボクもおんなじ。
あめを:「え? ほんとのことを句にするなんて、そんな恥ずかしいことしてるの?」。
てんき:そう、そう思う。含羞のない作句態度。
あめを:あはは。なるほど。しかし、今夜の話は、核心のまわりをふたりで遠まきにぐるぐる廻っているような話だな。
てんき:いつものことだけど。
あめを:まあ、そのいうアプローチしかできないんだろうな、ボクらは。
てんき:そう、核心なんて、恥ずかしい。
あめを:また、そこに行く? もういいって。それより喉が渇いた。
てんき:フォートナム&メイスンのアールグレイだったっけ?
あめを:おう。気が利いてるな。あるのか?
てんき:ない。
あめを:じゃあ、なんでもいいや。寒くなってきたなあ。
てんき:ああ、寒くなってきた。
あめを:……こういうシメ?
てんき:たまには、こういうのもいいでしょ?
あめを:そだな。冷えるな。
てんき:ああ、冷えるな。
by tenki00 | 2005-11-19 01:20 | ameo & tenki
<< 社会復帰 俳句への姿勢を問われるの巻 >>