人気ブログランキング |

自分には作れない句? 自分にも作れる句? 

あめを:よお!
てんき:おっ、来たな。
あめを:ぎっくり腰、どお? その後。
てんき:ああ、だいぶ良くなった。美代子さんという親切な方、浮御堂の客人の御一人なんだが、その方の知り合いが遠隔で「気」を送ってくださったらしい。それが効いたのか、今朝は、ちょっと痛むくらいでベッドから起き上がれた。
あめを:ふうん。それは良かった。養生するんだな。
てんき:ありがと。
あめを:ところで、昨日の続きなんだが、話題は「選句」ということだった。何か言いかけてただろ?
てんき:んんと、なんだっけ? あ、そうそう。テーマというより、ふだん奇妙に思っている句評があるという話だったんだ。
あめを:ふむふむ。何?
てんき:「自分には作れない句」という句評、というかコメント。
あめを:ふうむ。それ、四童さんのブログにもあった
てんき:うん、ボクも読んだ。池田澄子の句を紹介したエントリー。おもしろい句がたくさんあるな。
あめを:「自分にはこんな句は作れない」というのは、讃辞の一種だろう。
てんき:うん。そうだな。これは句会でもよく耳にする。
あめを:これが奇妙?
てんき:いや、奇妙というと非難しているように聞こえるかもしれないから、まずい。そういうことじゃなくて、ボクにはピンと来ない、よくわからないという話ね。
あめを:ふううん、どういうこと?
てんき:このセリフを聞くと、「じゃあ、他の句は、自分にも作れるということか」と思ってしまう。
あめを:ひねくれ者だな。
てんき:いや、そうじゃない。「自分には作れない句」と口にしたとき、「自分にも作れる句」はセットになってついてくる。純粋に論理的な話。
あめを:まあ、それはそうだろう。
てんき:ただし、そこには、いろんな含意がある。含意は人によって異なる。
あめを:そうだろうな。例えば「言葉のセンスが卓越している」と思う場合。これは純粋な賞揚に近い。
てんき:あるいは、個性や作句のスタイルに着目して言う場合もある。文語でばかり作っている人は、口語のおもしろい句を見たとき、「自分にはこんな句は作れない」と言うかもしれない。
あめを:だとしたら、奇妙でも何でもないだろう?
てんき:ううん。そうだなあ。なぜ違和感が生じるのかというとね、それって「読者」なのかな?ということ。純粋に「作者」として読んでいる。そこに違和感がある。
あめを:それはそうだな。でも、それが俳句の現状だろう?
てんき:ああ、半年ばかり前か、雄鬼さんのブログなどとも一緒になって話題になったテーマだな。俳句の場合、読者のほとんどが作者だ。作者の数と読者の数がほぼ同数。農村内部の自給自足のごとく、句が作られ読まれるという流れが、外部に広がることなく、閉じた系の中で循環している。
あめを:だから、句を読むとき、「自分なら」という視点がどうしても出てくる。
てんき:でもね、ボク自身は、そこは排除したい。純粋な読者をめざしたい。
あめを:なるほど。でも、なんでまた?
てんき:ううん。説明は難しいけれど、俳句を作る人間として、別の人が作った句を読むことに魅力を感じないということかな。
あめを:回りくどい言い方だな。つまり、読むことの快楽を味わうのは、本来的に「読者」であるということなんじゃないの? 読むときは読者に、作るときは作者に。複数の「個」をもつほうが面白い。
てんき:そうそう。そういうこと。実際には難しい行為なんだが、他人様の俳句を読むときは、自分が俳句を作っていることを忘れたい。
あめを:まあ、その気持ちはわかる。俳句の可能性のようなものがあるとして、「作者として俳句を読む」ということは、可能性のシェア、もっと言えば、その俳句の作者と自分の立ち位置を確かめながら読むなんてことにもなる。
てんき:それともうひとつ。「自分にも作れる句」という範疇が、ボクの中に存在しない。その意味でも「自分には作れない句」という言い方に違和感が生じる。
あめを:それは少しまた別の話だな。
てんき:うん。「ある人がつくった句は、その人しか作れない」というのが、今のところのボクの把握。その句が稚拙だろうが巧妙だろうが、ありふれていようが個性的であろうが、作った人しか作れない。
あめを:屁理屈のようでもある。思念的でもある。また、聞きようによっては、甘っちょろい把握でもある。
てんき:きっと全部あたってるな。でもね、甘っちょろいというのが、「句にはそれぞれの良さや個性がある」ということだとしたら、そこは違う。どうしようもない句もあるし、眩暈がするほど退屈な句もある。でもね、それも、作ったその人からしか出てこない凡庸さだと思うわけ。逆に、面白い句があったら、その人がもっている面白さの源泉みたいなところから、ぽっと出てきた。そんなふうに思う。もちろん、同じ一人の人間から凡庸な句も出てくれば、面白い句も出てくるわけだけど。
あめを:ううん、そこは微妙な話だな。似たような句がたくさん存在する。それも俳句の宿命だからね。
てんき:類想句ね。類想としてひとからげにできる句もそれぞれ「その作者しか作れない」と見るのかという問題だね?
あめを:そう。
てんき:それもやはり、その人の句だと思う。類想に絡め取られたという事実は、その人個人に属する、と言うと、えらくわかりにくい言い方だが、例えば「もうええわ」という漫才のシメは、類型化されてはいるが、漫才師によってニュアンスや、そこに醸し出される空気はそれぞれ違う。
あめを:もっとわかりにくくなった。まあ、いいや。まだキミにはうまく説明できないということだ。でもね、「あるひとつの句は、どんな句でも、その人にしか詠めない」と信じることは、これからキミが俳句を続ける上で必要な信仰かもしれない。それについては、また考えてみることにしよう。
てんき:おっと思い出した。話は変わるが、最近、ネットで俳句を作ってるな。
あめを:ああ。ほんのときどきだけどね。3日に1句くらいの頻度かな。
てんき:それくらいの量がいいのかも。
あめを:キミはもっと作っている?
てんき:いや。このところ、あんまり作らないなあ。オクンチの〆切がもうすぐだから作らなければ。
あめを:おきばりやす。
てんき:じゃ、そろそろ、例のアレ。クリッククリックゥ~
あめを:飽きない奴っちゃなあ。
by tenki00 | 2005-09-28 00:40 | ameo & tenki
<< 好き句66 吾郎回文 田尾監督 >>