人気ブログランキング |

夏ゆけり

あめを:よお!
てんき:おっ、どうした? 暇人。
あめを:暇人はないだろう、都市下層民。
てんき:ほっとけ。何の用だ?
あめを:見たよ。
てんき:何を?
あめを:豆の木の二句競作
てんき:ああ、あれ? もう3度目だけど? 1カ月に2句というのは負担感がなくていい。
あめを:そう言うわりには昔の句でお茶濁しているな。
てんき:今月は峠谷さん仕様。性的な素材。
あめを:それで化粧と調教か。
てんき:でも残念。峠谷さんは今月あまり乗り気じゃないらしい。
あめを:乗り気でも、あの句じゃダメだな。峠谷さんは基本的に、女性が作ったセクシャルな句にしか関心がないんだと思うよ。おっさんが作ったバレ句や恋愛句は無視だと思う。
てんき:なるほど。
あめを:感想を掲示板に書き込むんだろう? どうせだから、豆の木のみなさんの句について熱く語るか?
てんき:ふうむ。いいけど、くれぐれも失礼のないようにな。
あめを:では、私から1句とりあげる。「ぽつねんとスタンドマイク終戦日」(朝比古)。
てんき:なんか話をややこしくするつもりじゃないだろうな。さんざん戦争俳句についてしゃべらせといて、それかあ?
あめを:朝比古さんは、われわれの俳句漫才の数少ない観客であらせられる。だから選んだんじゃないけど、これから行こう。
てんき:巧い句。でも、ボクのほうからはとりあえずコメント保留。
あめを:終戦日とか八月十五日という季語は、とりあえず距離を出して、なんとかベタベタにならないようにすることが多い。なのに、これはどうだ? 直球だ。でも棒球じゃない。いいときの木佐貫の外角低めだ。
てんき:気を遣ったな。
あめを:サービスサービス。
てんき:スタンドマイクは、反戦集会の前か後か合間だ。なるほど。
あめを:季語を「取り合わせ」ではなく扱っている。誠実だし、ある意味、野心的ともいえる。
てんき:うん。テクニックで逃げているというわけではないな。
あめを:それともうひとつ。「ある特定の場所でいま生きている」ということが伝わるのがいい。
てんき:わかりにくい言い方だな。
あめを:俳句の中で暮らしている俳人は多いだろ? 実際にはこの現実の浮き世で暮らしているのに。
てんき:それはそうだな。この人、どんな田舎に暮らしてるんだろう? 日本にいまこんな場所あるのか?と思ってしまうときがある。
あめを:モノを詠むときは、吟行か行楽か。絵葉書俳句は実に多い。
てんき:あるいは、どこにいようが関係のない個人的な思いプラス季語。
あめを:その季語も、やたら虹が出たり、猫がさかったり、鳥が帰ったり。
てんき:言葉遊びという側面もあるわけだが……。
あめを:それにしても、「この人いったいどこで何して暮らしてるんだ?」と思ってしまう。現実に飯食って歩いて寝て、という感じが伝わる句は、やはり気持ちがいい。この句は、終戦日の、まあ都市だろうな、その風景が実感として伝わる。面白い句なわけよ。
てんき:なるほど。
あめを:じゃ、今度はキミの番。
てんき:順番に行くわけね。じゃあ「星とぶとぶとぶ鰐が描きたい鰐」(高橋洋子)。
あめを:おもしろい。星が飛びまくっている。
てんき:「鰐が描きたい」というのは直截。こんなふうに「描きたい」と言われてしまうと、「どうぞ」と言うしかない。韻律のもつ説得力だ。最後の「鰐」のシメが意表で、たまらない。「ここでもういっぺん繰り返すかあ!」と拍手してしまう。
あめを:この最後の2文字は子どもがだだこねているような面白さがあるね。
てんき:じゃ、次。
あめを:「シャワー浴ぶまづてのひらを差し出して」(中嶋憲武)。
てんき:うん、これ、好き。
あめを:ありそうで、ない。微妙なニッチのような気がする。
てんき:あっても別にかまわない。
あめを:不明瞭なところがいっさいない。
てんき:なのに微妙な感興がある。
あめを:シャワーの句をネットで検索したが、意外なことに面白い句がない。
てんき:ほんとだ。全滅してる。
あめを:キミは麦の会だよね。「息つめてシャワーを浴びる海の虹」(中島斌雄)という句もヒットした。
てんき:ううむ。いいような、そうでもないような。
あめを:シャワーは、それだけでポエジーが噴出してしまう。そのまま乗っかると、ちょっと恥ずかしく叙情的な句になりがちかもしれない。
てんき:シャワーの句はむずかしいということか。この中嶋さんの「てのひらとシャワー」の句や「水の出ぬシャワーの穴を見てをりぬ」(雪我狂流)のような句は貴重だ。
あめを:ところで、喉が渇いた。
てんき:なんか飲む?
あめを:冷蔵庫に西瓜が冷えてる。
てんき:わっ、なんで他人ん家の冷蔵庫の中、知ってるー!?
あめを:こまかいこと気にするな、社会的弱者。
てんき:ほっとけ。
あめを:食べよう、食べよう。
てんき:夏も終わりだなあ。
あめを:まだ暑いけどな。あっ、明日は金沢だろう? 気をつけてな。
てんき:ありがと。西瓜、甘い。
あめを:ああ、甘い。……あれ? 今日はアレ、ないの? 例のクリッククリックは?
てんき:飽きたでしょ?
あめを:まあな。しかし、ないなら、ないで、寂しい。
てんき:夏がいくわけよ。
あめを:ああ、いくなあ。
by tenki00 | 2005-08-19 22:56 | ameo & tenki
<< 金沢 その1 食べた! めでたい! >>