リラックスした

…良い会でした。

週刊俳句5周年記念オフ会 ≫第262号

その夜、池田澄子さんからも御言葉をいただいた。曰く、ふつうこういうものはやっている人間にいくばくかでも権威のようなものが生じるものだが、週刊俳句には、みごとにそれがない。

わはは。信治さんと私の持ち味か。

それはしかし、当初からの志が実現できているということなのです。

(俳句から遠いもの、俳句的とは逆のもの。それっていくつか、あるいはたくさんあるのと思うのですが、「権威」もその代表的なひとつ)


あと、ね、俳句ってリラックスしたものだから、その集まりは「リラックス」が一番です。


一夜が明けて、ひとことひとことがありがたく(≫こちら)。


[PR]
by tenki00 | 2012-05-04 16:32
<< 養花天 勝新の映画『顔役』 >>