人気ブログランキング |

世界ぢゆう雨降りしきる苔の恋

…という「はがきハイク」第4号(2011年5月)に載せた句を取り上げていただいている。

よむ/野口る理:spica

日曜日よりの使者:Rocket Garden~露結の庭

この句をつくったのは、十年ちょっと前(今回の「はがきハイク」は旧作ばかり5句)。百句会だったかオクンチだった(記憶曖昧)。元のかたちは、「世界中が雨だと思う苔の恋」で、「雨ふりしきり」と、どっちとも決めずにいた。

いずれにしても、この句は≪ブレードランナー+第七官界彷徨≫。アタマの片隅か中心部かに、確実にあった。どちらも、もう、好きすぎてどうしようもない世界。

で、このあいだ、吾郎さんとシオリさんのライヴを聞いていて、浅川マキに「きっと今夜は世界中が雨だろう♪」という歌詞の曲があるのを知って、ニュートラルな(茫洋とした)「降りしきる」のほうを決定稿にすることにした。

「世界中が雨」という想念は、誰にもあるもので、今回の露結さんの記事で、ハイロウズというバンドにも「世界中が どしゃ降りの 雨だろうと♪」という歌詞があることを知った。

自分は、俳句で、誰も言わなかったことを言ってやろうという意志はまるでないので(そんなことを言ったとしたら、狂気の世界)、同じことが歌われているのを知って、むしろ嬉しい気分になったが、この句でgoogleしていて、おもしろく、また不思議な記事がヒットした。

「第七官界彷徨 企画ブログ」というブログの「脚本冒頭部」という記事。
http://dainana201106.blog.fc2.com/blog-entry-2.html

はがきハイクのことに言及してくれた記事かツイートを見てもらえたのだろうか。尾崎翠のテクストと並置されるのは、嬉しいような、おこがましいような。

俳句をどこかに載せる(今回は、はがき)と、たまに予想もつかないことが起こるんですね。


この記事は、自解という野暮をやっちゃってるんだろうな。外的な事情を追ったということで許してもらおう。




by tenki00 | 2011-05-24 17:59 | haiku
<< 14点在庫あり マチェーテ >>