<   2012年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧

消息

週刊俳句・第266号に、
〔俳コレの一句〕パンツという眺望 林雅樹の一句
http://weekly-haiku.blogspot.jp/2012/05/blog-post_27.html

  《これこそ日本的レイドバックなんじゃあないの》

ウラハイに、
コモエスタ三鬼 第31回 高きより
http://hw02.blogspot.jp/2012/05/31.html

【再】【東京スカイツリー開業記念】
「東京タワー」10句:詩客
http://shiika.sakura.ne.jp/works/may-25-2012/2012-05-23-8867.html

昔よりも画像がきれいになっている気がする、「詩客」の作品ページ。


[PR]
by tenki00 | 2012-05-31 20:00 | etc

徹夜祭

『豆の木』第16号(2012年4月21日)より。

  限りある米櫃復活徹夜祭  古城いつも

不思議な句。

無尽蔵の米櫃があれば、とても嬉しいが、そうとも行かない。

句の後半は、復活祭ではなく、徹夜祭。「復活徹夜祭」がどんなものか知らないのですが、なんだか、躁(ハイ)な感じです。

この句を含む「脳内パズル」10句は、全体に、意味のよくわかる句が並んでいるので、よけいに、この句は、不思議。


[PR]
by tenki00 | 2012-05-30 20:00 | haiku-manyuuki

ラグビーに注目

サッカーワールドカップ・アジア予選がもうすぐ始まることもあって、サッカーに注目が集まっているが、じつは、いま、ラグビーの日本代表が、そうとうおもしろい。

ボールの展開が昔とぜんぜん違って、パスで展開しまくる(陣地取りのためのキックはほとんどない)。前の代表は外人がたくさん入っていたが、今はほとんどいない(自前のチーム)。エディー・ジョーンズという日本人の血が4分の1入ったオーストラリア人が今年から監督になり、この人が、なんともいい味を出している(≫画像)。

5月はアジア諸国と対戦して、どの試合も圧勝。6月はトンガ、サモア、フィジーとやる。苦戦あるいは惨敗だと思うが、テレビ中継はチェックしておきたい。

ラグビー日本代表のウェブサイト

これからの時期、サッカーもいいが、ラグビーもおもしろいぞ、と。


[PR]
by tenki00 | 2012-05-29 20:00 | pastime

小学校

『豆の木』第16号(2012年4月21日)より。

  蟻穴の深きところに小学校  こしのゆみこ

小学校のロケーション・在処として、蟻の穴は、充分に不思議なのですが、どこか実感というか現実味も残る。そのへんのあんばいが良くて、滋味豊かな句。

現実から遊離しっぱなしではなく、一本、糸がつながっている感じは、どこから来るのだろうなあ、と。

小学校というものの温度なのか質感なのか。ともかく、小学校にブツ感が備わるのですね。蟻穴に置くことによって。


ところで、「深き」はどうなのだろう? ということも思いましたよ。こしのゆみこさんといえば口語体というアタマがあるものですから。「深いところ」でいいんじゃないの、と。

『豆の木』第16号掲載の「半袖」10句には、文語体処理が、ほかにもいくつかある。《時の日のトイレにありし青い空》の「ありし」、《つもりながらわすれてゆきしぼたん雪》の「ゆきし」。もちろん、何かを考えてのことでしょうが、読者としては引っ掛かる。

なんで文語体? こしのさん、どこに行くの? という感じなのです。


[PR]
by tenki00 | 2012-05-28 20:00 | haiku-manyuuki

姿焼き

中華料理店のメニューに「田鶏」と書くくらいだから、蛙は食べると鶏肉に似ているらしい。食べる気はしないけれど。

  串刺しに蛙開きて焼いて春  菊田一平

一匹まるごと開いて、姿焼きですね。それで春が来るという、これはきわめて俳句的に捉えた季節感といえるでしょう。

『豆の木』第16号(2012年4月21日)掲載の「しんがりに」10句は、朝市の風物を詠んだもの。食べ物が並ぶなか、一句、《矯正下着付け春節の下着売》があって、味を出しています。


[PR]
by tenki00 | 2012-05-27 20:00 | haiku-manyuuki

【再掲】くにたち句会(5月)のお知らせ

2012年5月27日(日)14:00 JR国立駅南口

句会場所:未定 ※いつものキャトフィッシュは今回ナシです。
席題10題程度

句会後の飲食もよろしければ(会費アリ)


[PR]
by tenki00 | 2012-05-26 10:00 | etc

消息 東京タワー

詩客というウェブサイトに「東京タワー」10句を載せてもろたでー。

http://shiika.sakura.ne.jp/works/may-25-2012/2012-05-23-8867.html

ご承知のとおり東京スカイツリー開業ですわ。東京タワー派としては、ここはひとつがんばらねば、ということでがんばっています。お暇なとき見ていただければ嬉しいです。


[PR]
by tenki00 | 2012-05-25 10:00 | tenki-ku

俳句はダメでしょ

5月某日。ストリーミング(動画)配信を終えたSST+Haiku Driveのみなさんと打ち上げで焼鳥屋。

いろいろなお話ができて、たいへん有意義かつ楽しかったのでありますが、例えば、『赤旗』紙の俳句欄の話から、「赤旗的に、どーなんだ? 俳句はいいのか? おい」との声。

いいわけがない。

思想的な一貫性、これ、大事。


[PR]
by tenki00 | 2012-05-24 20:00 | haiku

地獄

5月某日。サヤマさんと根岸の飲み屋(とても美味しい洋食を出すカウンターだけの店)で、阿佐田哲也「麻雀放浪記」やら「ドサ健ばくち地獄」やらの話で盛り上がった。やがて妙齢の女性が加わり、別の話の流れから、彼女曰く、

「酒と煙草とギャンブルが、世の中でいちばん嫌い」。

サヤマさんと私は煙草をくゆらせながら、ふふふと笑うしかなかったですよ。


ちなみに、拙句集『けむり』には、麻雀の句が2句、入っています。


[PR]
by tenki00 | 2012-05-23 20:00 | pastime

合鍵

『豆の木』第16号(2012年4月21日)より。

  合鍵を秋の滝へと運びけり  小野裕三

滝が鍵でひらくかのような。

いや、運ぶのだから、自身であけるのではないのか。

一方、合鍵だから、鍵は自宅ではなく、例えば妾宅っぽくもある。


[PR]
by tenki00 | 2012-05-22 20:00 | haiku-manyuuki