<   2010年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

七曜堂 ⇒http://sevendays-a-week.blogspot.com/
twitter ⇒http://twitter.com/10_key

週刊俳句 ⇒http://weekly-haiku.blogspot.com/ 毎週日曜深夜零時更新
ウラハイ=裏「週刊俳句」 ⇒http://hw02.blogspot.com/ 不定期正午更新

最新記事は、ひとつ下 ↓↓↓
[PR]
by tenki00 | 2010-06-30 23:46

「ことば」の出来事

ことばをおもしろがる。これは誰もそうなのだろうが、例えば…

「おでん」における「お」と「でん」について ≫こちら

とか、

スキャナーをスカニャーと言い間違えること ≫こちら

とか、

自分の場合、こんなようなこと、つまり、ことばの事故のような出来事が、一等おもしろい。これはまるで幼児のようなおもしろがり方ではないか。
[PR]
by tenki00 | 2010-06-10 17:22 | pastime

戦争ソナタ

嫁が、知り合いでもないのに「ガブちゃん」と呼ぶガヴリロフの「戦争ソナタ」


[PR]
by tenki00 | 2010-06-08 02:09 | pastime

St.D'A-Gig

…と綴って、すなわち千駄木。

もともとは俳句の知り合いである近藤十四郎さんのCDが出た。1枚購入、郵送で届き、すぐに二度繰り返し聴いた。

  歌はいつもちょっとだけズルイね♪
  歌はいつも空っぽなジャムの壜だね♪

ジャケットもきれい→こちらです。6月にライブもあるそうだ→同じくこちら

メールでも買えるそうだ。≫k14@s5.dion.ne.jp
[PR]
by tenki00 | 2010-06-03 09:05 | pastime

ドアミラーに跳び蹴り

ポンジュノ監督というのは、巧みであることはもちろんなのですが、観ていて何が気持ちいいのかというと、ひとつには、権力やらエラい人やらお金持ちやら(いわゆるエスタブリッシュメント)に対するクソクラエというその姿勢です。

高級乗用車のドアミラーに向かって跳び蹴りをくらわすシーンが、4作中2作に出てくる(「ほえる犬は噛まない」「母なる証明」)なんていうのはちょっと異常で、これはもう、よほど、跳び蹴りたいのだろう、と。

この行為は、クソクラエ精神の素晴らしくシンプルな発露(わかりやすさの快感)。おまけに青春の爽やかさをともなう。とりわけ「ほえる犬は噛まない」では、白いドアミラーがスローモーションで遠くへと転がっていく(美しいシーン)。女の子ふたりが壊したドアミラーを胸に抱えて地下鉄で眠り、さらにラストでは、ドアミラーで私たち観客にキラッとめくらます。戦利品を誇るように、いたずらっぽく。

なんて小さなつまらない(ここ、大事)レジスタンスでしょう。きっと、ポンジュノという人の思い出のなかに、カッコよくドアミラーに跳び蹴りを決められる、ポンジュノにとってヒーローのような存在がいるのだと思います。
[PR]
by tenki00 | 2010-06-02 01:06 | pastime