<   2008年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

冬の蝿

d0022722_401461.jpg

[PR]
by tenki00 | 2008-11-30 13:29 | sampo

俳句関連のこと、ちょくちょく読みますが、2008年下半期で出色はコレ。

wwwqpwww「鬱尾芭蕉~廃苦~」より

古池や蛙飛び込む水の音    松尾芭蕉

・・・すでに鬱じゃね?
鬱じゃない人に「それがどーした!しっかりしろよ!」と言われてます、きっと。


たしかに。じつに。
[PR]
by tenki00 | 2008-11-29 22:04 | haiku

消息 08年11月末

週刊俳句・第83号に「ひたすら数えてみました「や」「かな」「けり」の頻度」を書いています。

ウラハイ = 裏「週刊俳句」 ・2008年11月27日に「鴇田智哉の俳句入門」を書いています。ほか、ちょこちょこ書きます。

●『豈』第47号に「マイナー性にまつわる彼らの気分」を書いています。手元にあったぶんはなくなりました。書店取り寄せかamazonか、豈weeklyで入手できると思います。

メール句会オクンチに、このところ皆勤賞並みに参加しています。
[PR]
by tenki00 | 2008-11-27 23:17 | haiku

俳句漫遊記160 サンドイッチ 

冬空やサンドヰッチのしつとりと  田中裕明

食パンの耳をとって、ハムや卵をはさみ、それから濡れナプキンをかぶせて、重石がわりにまな板を載せる。むかし母親つくってくれたサンドイッチはそうだったから、パンはしっとりと湿っていた。

いまは食パンなどを使わず、なんだか洒落たサンドイッチも多いようだけれど、外で食べるときは、伝統的なサンドイッチ。ルノアールとかシャノアールとか、メジャーなのかマイナーなのか判然としないチェーン系喫茶店、あるいは歴史に取り残されたような純喫茶にしか残っていない伝統的なサンドイッチを、昼、あまり知らない町に仕事などでひとりいるとき、たまに食べる。

それほどしっとりとはしていないが、きちんと白い食パン。きちんと三角に切ってある。サンドイッチはこうでなくてはいけない。
[PR]
by tenki00 | 2008-11-27 01:51 | haiku-manyuuki

11月のくにたち句会のお知らせ

11月30日(日) 14:00 JR国立駅南口集合
句会場所 キャットフィッシュ:句会場所へ直接でも結構です。→地図その他
題詠10題程度

ご常連さまも久々のかたもお初の方も、ご参加のときはお知らせいただければ幸い(兵站係が食糧調達の関係でおおまかな人数を知りたがります)。メアドは週俳とかそのへんにころがってます。
[PR]
by tenki00 | 2008-11-23 19:40 | haiku

先行句

前にも少し書いたけれど、小川軽舟『手帖』は素敵です。

ビートルズで言えば、アビーロード。食事で言えば、ゆうべ美味しく炊いたごはんに、次の朝、美味しくいれたお茶をかけて、だし巻きたまご、塩昆布、おこうこ、蒲鉾などをおかずに食べるお茶漬け。

つまり広く一般の高い評価を得ること確実な一方、誰がなんと言おうと大好き、という感じです。

そのなかで、ちょっと立ち止まった句。

  満月の裏まつくらや沈丁花  小川軽舟(手帖 p42)

  下半身ぞんざいにして案山子たり  小川軽舟(手帖 p178)

立ち止まったのは既視感があったから。

  満月の裏はくらやみ魂祭  三橋敏雄

  下半身省略されて案山子佇つ   大石雄鬼(1996年

いえ、類似を問題にしようというのでは、まるでありません。似ていてもいいんだな、と。

人間、似たようなことを考えます。問題なのは、ありがちに陳腐なことを句にしてしまうことで、それはもう、似たかたちの先行句があろうがなかろうが、句にしちゃあいけないわけです。

先行句の有無を、それほど重大に考えてなくていいような気がしていますです。はい。
[PR]
by tenki00 | 2008-11-22 19:06 | haiku

また、むちゃくちゃなことを

俳句は老若男女を問わず誰もが親しんでおり、まさに国民文芸となっています。俳句人口は国内で1000万人とも言われますが、私の感触ではもっといますね。
金子兜太 その2

1000万人もいるわけないでしょうが。

「たまにやる」という人まで含めても100万人か数十万がいいところでしょ?
[PR]
by tenki00 | 2008-11-22 01:34 | haiku

なつかしくファンキー


[PR]
by tenki00 | 2008-11-20 18:46 | pastime

第一歩はコミックソング

七曜堂のCD目録、初回は、よりによって、コミックソング特集。
http://sevendays-a-week.blogspot.com/2008/11/001cd.html

俳句的日常・トニー谷主義の原点、「ジス・イズ・ミスター・トニー谷」もあるざんす。


[PR]
by tenki00 | 2008-11-14 10:50 | pastime

タイトルだけで、もう

しびれます。

光が丘マージービート

ウラハイ = 裏「週刊俳句」 2008年11月13日
[PR]
by tenki00 | 2008-11-13 12:11 | pastime