<   2007年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

来週はビートルズ特集かなー

週俳の「ほぼ日替わりYouTube動画」(トップページの一番下)、来週は何の特集にしようか、昨晩はいろいろやることがあって大変なのに、そんなことに迷いはじめると、そっちの作業にも手が伸びる。一種の逃避、例えば、仕事の〆切が迫っているときに限って、部屋を片づけてみたり。逃避行動を自制できる人間とできない人間の二通りががあって、私は当然のように後者。

で、迷ったすえに、「ちょっと変わったビートルズ特集」に決めて、3つほど拾う。3つじゃ足りないかもしれないが、週の後半は成り行きに任せる。

週俳次号・第10号をお楽しみに!

というわけだが、第10号は、信治さんの「新鋭俳人競詠を読む」の後編が載る。この対談、というかおしゃべりについては、てっちさんがブログで触れてくれている。
俳句の批評
http://tecchi1980.blog80.fc2.com/blog-entry-91.html

…「パス」って凄いよなあ。

なるほど、ここにはやっぱり目が行きますよね。

でもね、言い訳みたいになるのがイヤだけれど、信治さんも私も、読むことに対して誠実。それだけは言える。俳句を読むことに不誠実な人と、俳句についておしゃべりする気は毛頭ない。信治さんだって、そうだと思う。ゆえに、信治さんも私も誠実に読ませていただきました、と、誰にはばかることなく宣言できる。

信治さんはともかく、私には知識も見識もない。誠実の一点で勝負している、きわめて効率の悪いボロ負け人生なわけですよ。

だから「パス」という二文字以外のところも楽しんでいだけると幸いざんす。


なんか、ざんす、って久しぶり。 →参照:http://tenki00.exblog.jp/3417229


それでね、てっちさんの記事で、次の箇所。

人の評価を気にせず俳句を作る人間に、
僕は未だ曾て出会ったことがない。


これは興味深くてコクのあるテーマだと思う。今回、新鋭俳人の40作品を拝読して私が感じたことの一部と刺激的に重複する。

簡単に言えば、多くの新鋭俳人が「評価されたがり過ぎている」と感じた。そのために「俳句の美味しいところ」をはずしている、とも感じた。このことは、週俳第10号のリリース後にまた詳しく書くかもしれない。

それでは第10号をお楽しみに。

繰り返しているが、ほかにもおもしろい記事、たくさんありますぜ。旦那。
[PR]
by tenki00 | 2007-06-29 21:32 | haiku

えんえんmixiの…

…宣伝を続ける葉月さん(本人によれば美貌が売り物)。

http://93825277.at.webry.info/200706/article_28.html


どんな魂胆なのか、さっぱりわからんが、株式会社ミクシィは葉月さんに中元くらい贈ってもバチは当たらんと思う。
[PR]
by tenki00 | 2007-06-29 20:17 | pastime

カブトムシ

玄関にカブトムシの雌が仰向けでもがいている。yuki氏は「カナブンのでかいのかと思った」と言うが、そうではない。

へえ、いるんだなあ。カブトムシ。いるんだろうけど、家のまわりで見るのは初めて。

手近なヤマボウシの木の幹につかまらせてやると、さっそくへいこへいこらのぼっていく。しかし、樹液は出るんだろうか。また落っこちて仰向けになっているのではないか? 気になって玄関に出た。
[PR]
by tenki00 | 2007-06-26 23:08 | pastime

本屋をぶらぶら

定期的に本屋をすらぶらするのは習い性で、それにちょうどいい大きさの本屋が住んでいる近くにあるのは誠に幸せなことだ(増田書店)。紀ノ国屋書店うあら八重洲ブックセンターやらジュンク堂やらは、もし近くにあったとしても広すぎるのだ。減減中と言われる街の小さな本屋は、文字通り小さすぎてぶらぶらはできない。また、広くてもロードサイド型のプレハブの本屋は、あれは私の基準では本屋とは言えない。雑誌やビデオや本を売っている店、というだけで、あれは本屋じゃない。

増田書店のような感じのいい本屋をぶらぶらするのはとても楽しいのだが、本を買うかというと、そうでもない。買わないことも多い。また、半年ほど前に「本はその日読む本しか買わない(つまり、いつか読むだろうから、という買い方はしない)」と決めてからは、ぶらぶらだけして本屋を出ることがますます多くなった。かといって、立ち読みは、個人的な道義があって、しない。新刊書や雑誌を手にとっても、目を通すのは目次程度。ただ、かなりの点数を手にとる。

さて、きょうふと思ったのは、奇妙なことだ。『俳句界』という雑誌がある。25日前後の発売だ。

この『俳句界』、刷り部数、増えていないか? それで売れるならいいが、返本率(売れずにに書店から返ってくる率)が急激に上昇していないか?

根拠はない。本屋をぶらぶらするのが長年の習い性なので、なんとなく、ふと思ったことだ。私が心配してもしかたがない。大きなお世話なのだが。


追記:
最近の『俳句界』には不思議なグラビアページが1ページある。記事タイトルはよく憶えていないが「新人類~」とか言ったか。いやいや、そんなはずはない。数十年前の流行語をいまさら使うわけがない。私の記憶違いだろう。ともかく、若い俳人のカラー写真(ケータイのカメラで撮ったかのようなクオリティとカジュアルさ)が載ったページだ。ここは女子大生俳人さんを紹介する、いわゆる「サービスショット」のページかと思っていたが、、きょう増田書店でページめくったら、なんと、あのユースケくん@トーキョーハイクライターズクラブのご尊顔!

大きめの顔(旧日本人的に大きな顔)。

どうなっているんだろう?

証明写真のような真正面からのショットで、こっちを睨んでいる。ビジュアルの処理が数十年前のアングラ雑誌のノリだ。

わけがわからない。

大丈夫なのだろうか? 『俳句界』
[PR]
by tenki00 | 2007-06-26 00:30 | haiku

ゴージャス!

『俳句研究』2007年7月号、盛りだくさんで楽しめる。

新鋭俳人競詠は30代以下の俳人40人の8句作品が並んでいる。このblogの界隈でお見かけする若者も少なからず出演。興味深く全作品を読ませていただき、感想大会のような時間も持った(その模様は明後日リリースの『週刊俳句』第9号に掲載)。

ほかにも柿本多映100句、西野文代(写真と10句)、対馬康子・高田正子の各30句など、俳句作品に、読んでおもしろいページが多い。

そのなかでもなんといっても、夏石番矢「五十人の空飛ぶ大王」50句がトピック。「空飛ぶ大王シリーズ」もすでに歴史の重みを持ち始めたが、やはり50句となると壮観。おまけに俳句総合誌、それも「俳句研究」という俳句世間では確固たる存在感をもつ雑誌への掲載である。

  天の滝より法王落ちて飛び始む

から始まり、

  桜が招く五十人の空飛ぶ法王

で終わる50句は、やはり50句だからこそ。そして俳句総合誌の6頁を占めるからこそ。

つまり、ゴージャスなのだ。

読み手としては、理屈ではない。50句を「空飛ぶ大王」のスピード感に置いてけぼりを喰わぬよう、読む快感の毛穴をいっぱいに開いて、ただただ読む。

緊張と弛緩の同居。詩の一方に下世話があり、奇想のとなりに日常がある。毅然たる挙措のなかに愛嬌がある。

そして読んでいるあいだ、どの句がどう、というのではなく(ちなみに、どの句がどう、というのは、俳句を読むときに、どうしようもなく愚鈍についてまわる退屈な読み方のひとつ)、50句を、ずっと微笑みっぱなしで、一気に読んだ。

50句という句数を掲載した『俳句研究』編集部に大きな拍手。ひとつ贅沢を言わせてもらうなら、124頁目からの6頁というこの位置ではなく、巻頭付近に欲しかった。
[PR]
by tenki00 | 2007-06-22 12:30 | haiku

「している」と「してる」

俳句で、い(ゐ)抜き動詞。これまで抵抗があった。

  対岸に人の落ちてる日永かな  雪我狂流(「魚のやうな」in週刊俳句第7号より)

ところが、信治さんの記事を読んで、考えが変わった。

これら、ことばのどこにも、むりをかけない、なめらかな表現
http://uedas.blog38.fc2.com/blog-entry-130.html

「してる」でも、いいんですね。句によっては。

総則はなくて、すべて、句による、ということか。
[PR]
by tenki00 | 2007-06-14 22:58 | haiku

ニュース発見

コクのあるニュース発見!
http://www.ayomi.co.jp/kiji/200706/200706kiji/016.htm


週刊俳句のnewsreel、いい仕事してます。
[PR]
by tenki00 | 2007-06-14 00:50 | haiku

年金問題(必聴)

第1回
http://tbs954.cocolog-nifty.com/st/files/sakasa20070611.mp3
第2回
http://tbs954.cocolog-nifty.com/st/files/sakasa20070612.mp3
最終回
http://tbs954.cocolog-nifty.com/st/files/sakasa20070613.mp3
[PR]
by tenki00 | 2007-06-13 23:46 | pastime

世界でもっとも美しい略歴

雪我狂流 ゆきが・ふる
1948年、日本に生まれる。
1964年、ビートルズに狂う。
1967年、ゴダールの「気狂いピエロ」に狂う。
1977年、パンクロックに狂う。
1991年、俳句に出会う。

from
http://weekly-haiku.blogspot.com/2007/06/007_10.html
[PR]
by tenki00 | 2007-06-11 04:15 | haiku

川柳と川柳作家

「週刊俳句」第7号の記事、柳×俳 7×7 「水に浮く」「水すべて」を読むについて、ちょっと。

自分の書いたことを読み返してみると、「川柳は」という部分を「樋口由紀子さんは」に換えなくてはいけないところがある。総論(川柳分野)と各論(作家)とがいくぶんかはないまぜにはなるのは、何度も言うように、私の不案内のせい。しかたがないところもあるが、ちょっと自分で気になった。

だが言い訳をすれば、いちいち全体と作家個人を別のことと断るのも、話の流れとして無理がある。ひとりの作家を通して、ひとつの文芸分野の歴史や成果のようなものを垣間見る(気になる)ことは許されていいだろう。

とすれば、私たちは、幸いにも、もっとも刺激的なピンホールから、川柳というものを覗かせてもらったのかもしれない。
[PR]
by tenki00 | 2007-06-10 19:09 | haiku