<   2007年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

俳句漫遊記110 小野裕三

北極の墓地より来たる消防士  裕三

見てきたような嘘をつく写生的な句がたくさんある一方(それが悪いというのではない)、虚構的な手法で、リアリティの肌理へと接近する句がある。表面的には、後者は詩的な様相を帯びる。小野裕三さんの第一句集『メキシコ料理店』に収められた多くの句をリリカルと呼んでさしつかえないと思う。さらにいえば、リリカルな仕掛けを纏った心躍る「物語」と呼びたい。

以下、気ままに句集より引かせていただく。

海の深さの四月の論理学者の夢
海月来るガラスの瓶の記憶力
もう時は過ぎた靴のよく売れた夏
春の雪朝日新聞燃えあがる
昼顔やパズルのような椅子がある
玉葱を切っても切っても青い鳥
月光のやがて聖徳太子かな
マウンテンゴリラ虹のようなものを掴む
梟と僕とばらばらに悲しむ

以下はちょっと毛色が違うように私には思える句群。

白木蓮そこから先が夜の服
相談の終わった洋間梨の花
裏山の光のなかで蠅を焼く

先に引いた9句に見えるのは、俳句がまだ経験していない豊かさ。鉱脈としてどこかに存するはずの豊かさへと、手を伸ばそうとする挙措である。後に引いた3句は、俳句がすでに持っている豊かさに悦ばしく依拠している。

いずれも確かな詩性を帯びている。だが、ここにあるのは俳句である。「詩」であれば、そこの象徴性や暗喩を読み取ることもするべきだろうが、これらの「俳句」はそこに提示されたもの以外に何を言っているわけでもない。「述べる」ことから逃れている(多くの俳句が「述べる」ことに終始するなか、これはみごとな仕事である)。なにものも述べないとして、そこに残るのは、語の醸す空気や一句へと彫琢された肌理のみである。

さて掲句。「北極」「墓地」「消防士」という3つの事物な正三角形のように合わさる。これは俳句従来のノウハウから言えば、適切な手法とはいえない。同じことが3回繰り返されるようなものだ。けれども、俳句の方法の外にも、おもしろいことは起こる。あっけらかんと3つが並び、結果、物語(最初に言った、リリカルな仕掛けを纏った物語)の物語性を裏切っていく。一筋縄では行かない句が多く収められたこの句集のなかでも、とりわけクセモノな一句であると踏んでいるのだが。

『メキシコ料理店』(角川書店2006年12月)より。
[PR]
by tenki00 | 2007-01-29 23:05 | haiku-manyuuki

お誕生日おめでとう!

d0022722_314994.jpgto sonoo-san
[PR]
by tenki00 | 2007-01-29 00:00 | pastime

お誕生日おめでとう!

d0022722_18155630.jpgto anemone-san
to gororin
to yuki
[PR]
by tenki00 | 2007-01-28 00:00 | pastime

俳句漫遊記109 なむ烏鷺坊佐山哲郎

来し方のそれは艶聞あれは火事  哲郎

いろいろ、あったんですね。


『月天』第9号(06-12-2)所収。
[PR]
by tenki00 | 2007-01-25 00:09 | haiku-manyuuki

俳句漫遊記107 笠井亞子

春今宵オペラかすてら仮住ひ  亞子

こういう句をつくるには、港区に住んでないとダメ。新宿区、渋谷区あたりじゃ、この句の「春今宵」で入って「仮住ひ」で締める、このなんといえない空気は醸せない。多摩地方は論外。

表記のことをとやかく言うのはきらいだけれど、この「かすてら」ほど「かすてら」なものはないというほど、ぴしっと決まっている。

しゃれてます。そして、ちょっと哀しいです。


『月天』第9号(06-12-2)所収。
[PR]
by tenki00 | 2007-01-22 09:10 | haiku-manyuuki

人生、待つこと、これ大事

第26回現代俳句評論賞受賞作『不可知について』について書くと言いながら、いま仕事場のお引っ越しで『現代俳句』誌がどこかに行ってしまいました。出てきたら書きますんで、ちょっと待っててね。

ほかにも予告だけのもん、いろいろあります。それもそのうち。
[PR]
by tenki00 | 2007-01-21 11:40 | haiku

俳句漫遊記106 山本勝之

内科歯科風に吹かれて肛門科  勝之

山本さん。








あなた…俳句、舐めてるでしょ?



でもね。そういう態度は尊い。俳句をどんなに崇めようが俳句をどんなに愛そうが、死ぬほどつまらない句が大量生産される現実を思うとき、この句の、潔いバカバカしさはとても貴重。

そしてまた、なにかひとつを絶対視して、崇めることほど、俳句から遠いものはない。一神教、絶対視。それらからはつまらないものしか生まれない。

そしてまた、俳句が俳句をバカにする(自己戯画化)することを忘れたとき、俳句ではなくなる。

この句の態度、俳句を舐めきったこの態度、とっても素敵です。


『月天』第9号(06-12-2)所収。
[PR]
by tenki00 | 2007-01-21 00:03 | haiku-manyuuki

お誕生日おめでとう!

d0022722_19461582.jpg

to
水星人さん
[PR]
by tenki00 | 2007-01-20 00:00 | pastime

俳句漫遊記105 小林苑を

母の日や紐を手繰ればずるずると  苑を

母の日まで取っておきたい句だが、この俳句漫遊記は当季にこだわっていない。

手繰った紐の先には? まあ、何もないというオチが多い。この行為はどうしても出自を想起させ、母の日とは付く。だが付いて悪いことはない。

とぼけた味わい。だが、一方で、なんとも怖いような。しかし手繰ってみずにはいられない。怖さと向き合ってこそ獲得される優しさが温かさがあるし、ね。

嗚呼、母よ! 嗚呼、今生を生きるということよ! それは、こんなにもオトボケな、こんなにも怖ろしいことなのだ。


『月天』第9号(06-12-2)所収。
[PR]
by tenki00 | 2007-01-19 12:30 | haiku-manyuuki

俳句漫遊記104 山口東人

無月だとヒゲタ醤油のはうがいい  東人

文化住宅以降、団地、アパート、マンション、それらの卓上にはキッコーマンが似合いそうだ。話は逸れるが、いまウチにはキッコーゴ(亀甲五)醤油というのがある。いろいろですね。播州育ちの私には醤油といえばヒガシマルだった。

ってな具合に醤油の銘柄の話をするしかなくなるのだな、この句は。

みごとに何も伝えない。ほんとうに、みごとなほどに。

そのとき、「ヒゲタ醤油」という言葉の事件がすっく立ち上がり、もろもろの、へなちょこな言説をまったくもって寄せ付けない。

鑑賞?大笑。句評?大笑。そんなものは要らぬと、ヒゲタ醤油とこの句は、素敵に尊大な表情で、俳句的事象を睥睨するのだ。


『月天』第9号(06-12-2)所収。
[PR]
by tenki00 | 2007-01-18 23:28 | haiku-manyuuki