<   2006年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2007年へ

2006年、およそ360本の記事(エントリ)をアップしました。1日1本ペースです。毎日書くわけではなくストック記事をやりくりしながら、ですから「日記」でもなく、しかしながらペースとしては「日記並み」の1年でした。

以下に、07年に持ち越しとなる話題を挙げておきます。

1) 「「大衆性と文学性」シンポを聞いて」シリーズは第4回が持ち越し。
この現代俳句協会青年部シンポジウムのことは『現代俳句』07年1月号に掲載がある。中村安伸さんによる「まとめ」はいつもながら手際よく、私のいい加減な印象記より、よほど良い。興味があって手に入る方はこちらを。
※第4回がもしあるとしたら、この『現代俳句』誌の諸記事を元にすることになる。
〔参考〕バックナンバー
第1回 http://tenki00.exblog.jp/3978596/
第2回 http://tenki00.exblog.jp/3982304/
第3回 http://tenki00.exblog.jp/4105613/

2) 『現代俳句』同号には、第26回現代俳句評論賞受賞作『不可知について~純粋俳句論と現代』(宇井十間)も掲載。
すでにたじまさんと橋本直さんがブログで記事にしておられる。
http://moon.ap.teacup.com/tajima/327.html
http://haiku-souken.txt-nifty.com/01/2006/12/__171c.html
双方とも当評論に好意的な紹介記事となっている。私も拝読したが、おふたりとはすこし感想を異にする。含蓄豊かな部分はあるが、未整理・混乱が目立つ。それについて書くのは、年を越してから。
※ひとことだけ言っておくと、すでに読まれた方は、タイトルにある「不可知」についてこの論文に何が示されているかを考えてみられるとよい。

3) 現代俳句協会については、mixi(ミクシィ)に関連「コミュニティ」があり、最近、私も参加、トピックを挙げている。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=13762250&comm_id=78532
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=13536969&comm_id=78532
現俳協会員でなくとも参加できる「コミュニティ」なので、興味関心のある方は是非。
mixiについて何それ?という方は、「mixiとは」でgoogle。

4) 「や」って?シリーズも第1回のみ掲載したところで2006年が終わる。

持ち越しはほかにもあるが、あとはまあ来年。気が向くときを待つつもりです。

さて。

ふだん表明はしませんが、このブログ、そして別室ブログを訪れてくれる方がいらっしゃることに、たいへん感謝しています。

ありがとうございます。

年が明けて2007年も、気が向いたとき、覗いてやってください。
[PR]
by tenki00 | 2006-12-29 15:37 | haiku

年末特別企画 2006年特撰エントリ10

今年もあとわずかとなりました。1年を適当に振り返り、俳句話題の記事を10個を適当に選びました。大掃除に飽きたときなど、気儘にどうぞ。

01●ジェスチャーの出題 2月 
http://tenki00.exblog.jp/2633858/

02●七吟歌仙「梅月夜の巻」 2月
http://tenki00.exblog.jp/2691442/
解題はこちら→http://tenki00.exblog.jp/2709693/
名残(歌仙の後半18句)はこちら→ 歌仙「梅月夜の巻」満尾
〔解題〕ひょんなことからノマド句会の皆様とリアルで歌仙を囲むことに。これまで強烈な人びとと句座をともにしてきたが、ノマドにはそれとは趣の異なる強烈キャラが揃う。でも歌仙はやはり面白い。

03●極私的 haiku 回想 1月・4月・6月
第1回 http://tenki00.exblog.jp/2492007/
第2回 http://tenki00.exblog.jp/2959396/
第3回 http://sky.ap.teacup.com/tenki/451.html
〔解題〕ひょんなことから句会に紛れ込んで俳句を遊び始めた私の文字通り「極私的」追想。物語の始まりは十代の頃。ヘンな奴(のちに有名俳人)がいた。

04●俳句と作者の関係 6月・7月 
「私は俳句である」 http://tenki00.exblog.jp/3165892/
「私」と俳句の関係 http://tenki00.exblog.jp/3170658/
俳句と作者(1) 作者の現実 http://tenki00.exblog.jp/3342735/
俳句と作者(2) 句離れのできない作者 http://tenki00.exblog.jp/3351197/
〔解題〕なかなかスパッとクリアカットとは行かない句と作者の関係。いろいろアプローチを試みたが、試論を重ねれば、核心に近づくとは限らない。

05●トニー谷主義宣言 7月
http://tenki00.exblog.jp/3417229/
〔解題〕俳句批評宣言! これが原点。

06●歳時記を買うの巻 7月
第1回 http://tenki00.exblog.jp/3381607/
第2回 http://tenki00.exblog.jp/3382224/
第3回 http://tenki00.exblog.jp/3385539/
第4回 http://tenki00.exblog.jp/3396430/
第5回 http://tenki00.exblog.jp/3570329/
〔解題〕結局買ったのは何? 最後まで読めばわかるが、途中、数々の歳時記を罵倒。私みたいな浅学蒙昧な輩に罵倒されるような代物をつくるなよ。紙のムダ。

07●季語、効率と制御のデバイス 8月
http://tenki00.exblog.jp/3577396/

08●インターネット俳句協会のサイトを拝見して 9月
第0回 http://tenki00.exblog.jp/3709758/
第1回 http://tenki00.exblog.jp/3736209/
第2回 http://tenki00.exblog.jp/3735703/
第3回 http://tenki00.exblog.jp/3751570/
第4回 http://tenki00.exblog.jp/3759927/
おまけ http://tenki00.exblog.jp/3819370/
〔解題〕ひょんなことから、こんなものの設立を知り、ホームページを覗いたところ、とんだ噴飯物。無視するのが賢明なことはわかっているが、ひとこと書いておこうと思い立ち、連載が重なる。

09●天使降りるを憚るところ Where Angels Fear to Tread 10月
http://sky.ap.teacup.com/tenki/433.html
〔解題〕ひょんなことから角川俳句賞に50句を応募したのはこの春。11月号を見て、びっくり。選考会はグダグダの大笑い雑談大会に。一因は私の50句にあるという人もいて、「そんなもん知るか」。でも、ずいぶん楽しめました。10月の時点ではmixi(閉所式日記交換サイト)のみに公開していた「裏モノ」も今回付け加えてノーカット版をアップ。※実はmixi記事のコメント欄が面白い。mixiまだ入ってない人で「見たい」という人は御連絡を。

10●田沼さんのこと 10月
第1回 http://sky.ap.teacup.com/tenki/397.html
第2回 http://sky.ap.teacup.com/tenki/399.html
第3回 http://sky.ap.teacup.com/tenki/408.html
第4回 http://sky.ap.teacup.com/tenki/417.html
第5回 http://sky.ap.teacup.com/tenki/426.html
第6回 http://sky.ap.teacup.com/tenki/428.html
最終回 http://sky.ap.teacup.com/tenki/430.html
〔解題〕この秋、麦の会長を長らく務めた田沼さんが逝去。はじめて会ったときのことから最近のことまで思い出しながら。
[PR]
by tenki00 | 2006-12-28 20:03 | haiku

さすらい

遠藤賢司だ。

http://www.youtube.com/watch?v=z2AfJDoMoIg

1971年のNHKドラマ「さすらい」の一場面。

「さすらい」なんてベタなタイトルと、ベタな感傷。でもね、年をとると、若い頃のことは、恥ずかしいには違いないが、許せてしまう部分もある。

雨、降ってるですよねえ、こういうシーンには、いつも。


※「さすらい」参考
http://www.nihon-eiga.com/prog/107296_000.html
http://plaza.rakuten.co.jp/gensenkan/diary/200310090000/
[PR]
by tenki00 | 2006-12-28 19:04 | pastime

こんなん始まったざんす

俳句喫茶
http://www.est.hi-ho.ne.jp/cgi-bin/user/tajima/vote.cgi
[PR]
by tenki00 | 2006-12-28 03:06 | haiku

豆の木 12月の2句競作 より

毎月、全員が、ではないが、2句ずつ競作。鑑賞は本来、豆の木の掲示板でやることなんだけれど、地のブルーで字が見えにくいので、ここに。

狩猟期の子のいつまでも生乾き  大石雄鬼
ひとつめの「の」で軽く切る。「子」はなかなか乾ききったりしませんが、理(ことわり)の成分を脳から抜き去ったかのような言い放ちに風趣。

霜の夜や薬缶をつつむコンロの火  河口夏実
気持ちよく生真面目な描写。「霜」の「火」との対照は好みによるでしょう。私は、ちょっと有体すぎると思いました。

天体であれいもうとも綿虫も  中村安伸
「あれ」のうしろに「!」があっても良さそうな句。ヤクモノは好きではないが、それも許容しそうな高揚感。

空気銃クリオネに手を引かれそう  日高 玲
詩的テンション高い。「そう」が存外ハマっていると思いました。

木枯にファスナーの音ありにけり  矢羽野智津子
このかたちの句は要素が互換可能。すなわち「ファスナーに木枯の音ありにけり」でも、同じことを言うことになります。作者は「木枯」を詠むほうを選んだ。
[PR]
by tenki00 | 2006-12-27 12:18 | haiku

ヘンテコリンなもの探し 攝津幸彦(1)

以前、振り子さんの句でヘンテコリンなものを探したが、今回は攝津幸彦。まずは第一句集『姉にアネモネ』(1973)から。

西出口
アジア
あぶら屋
四谷
五人

春巻き
矛盾
皇后研究会

強力なヘンテコリンは意外に少ない。さて、句。

再会の紺を絞りぬ西出口  攝津幸彦(以下同)
ことにはるかに傘差し開くアジアかな
あぶら屋の三女の顔を濡らして婚

私の母の実家、屋号を「あぶら屋」と言った。母は次女なんだけどね。

喉元を過ぎて四谷の椿かな
夢臭き枯野を渡る五人かな
中世の股して狂ひあふ老婆
春巻きを揚げぬ暗黒冬を越え
葱抜きて青き矛盾を捨つるなり
六月の紙燃ゆ皇后研究会

初期は詩的テンションが高い。このあと、とぼけた味わいが出てくる。そっちのほうが好き。
[PR]
by tenki00 | 2006-12-22 21:03 | haiku

俳句漫遊記100 西野文代

まちがひであつたらしくて消防車  文代

事情がわかるのだから、知らない土地の通りがかりでもなさそう。夜でもないと読んだ。軽い唄のような五七五。俳句でしか唄えないようなこと。なんでもないことが起こったり、起こらなんだりで、年が暮れてゆくざんす。

西野文代は1923年生まれ。「文」主宰。掲句は『おはいりやして』(蝸牛社)所収。
[PR]
by tenki00 | 2006-12-21 23:05 | haiku-manyuuki

俳句朝日、やりますね

秀彦さんのblog記事で知った。

俳句朝日07年1月号の表紙

秀彦さんは書く。俳句朝日の編集部は気でも違ったのかと思うた。文芸誌がその表紙に皇室の写真を麗々しく載せるとはどういう気なのか。大特集「日本は伝統と長寿と俳句の国」だそうである。で、それでどうして皇室なんだろう。50年生きてきて、こんな愚劣な文芸誌の表紙は初めて見た。

同感。はい、この編集部は、気が違っている、というよりもっとむごたらしい状態。いわゆる恍惚、痴呆状態。

俳句世間がもう、医学的に見てそういう状態で、それを端的にあらわしたのがこの表紙なの鴨。

文芸誌と限定せずとも、ここまでの表紙は、なかなかお目にかかれません。編集部にもその周囲にもオトナがたくさんいただろうに、制止する人間がひとりとしていなかったということですね。

誠に陰惨なことです。
[PR]
by tenki00 | 2006-12-17 23:05 | haiku

速報:朝どん

d0022722_1555059.jpg
俳句界の梶原一騎(名付け親=祐天寺大将)をめざすべきとの声も多いが(第一句集タイトルは『巨人の星』)、御本人は凶暴とは程遠く、心優しい芸能系俳人。

画像は朝日新聞2006-12-14夕刊。振り子どん御提供。クリックすると大きくなります。

朝比古さんの「取材されじょうず」ぶりが容易に想像できる記事。

記 者:次の予定とか目標は?
朝比古:やっぱり句集ですかね。
記 者:刊行はいつ?
朝比古:いやあ、オカネかかるみたいなんで。時期はわかんないすね……あ、貯金箱は買いましたよ(笑。
記 者:(おっ、ここ、オイシイ。いただきっ、と。締めはコレだな)…今日はいろいろとありがとうございました。
※想像に過ぎませんので、よろしく。
[PR]
by tenki00 | 2006-12-15 01:46 | haiku

「や」って? 第1回

彦麻呂という人が何か食べながら、「お口の中が宝石箱やぁ~」。その「やぁ~」の「や」だ。

俳句では切れ字として頻繁に(手軽に)用いられるが、この「や」の扱い・解釈が流派によって、かなり違うというのが私の感想。そのへんをちょこっと書こうかと思う。

(つづく)

って、早いな、短いな、おい。

参考 http://aun-1.log.thebbs.jp/1133954397.html

はい、初回はあっさりめに。
[PR]
by tenki00 | 2006-12-14 05:42 | haiku