<   2006年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

コンピ句 compi-ku の楽しみ

レコード(当時はCDじゃない)から自分の好きな曲を選んで、好きな曲順でカセットテープ(今ではほとんど見ないメディア。そういうものがあったのです。今でもあるけど)に録音するという遊びをやった人は、私の世代の音楽好きには多いと思う。曲の寄せ集め、詰め合わせ(assorted)。商業CDにもそれがあって「コンピレーション compilation」と呼んだりもする。

以前、俳句でそれをやった。たくさんではない。数句あるいは2句。好きな句をただ並べるというのではなく、「ある意図」をもって組み合わせてみる。例えば(昔やったもの)。

聖くゐる真夜のふたりやさくらんぼ    日野草城

敵一人増えて真っ赤なさくらんぼ     長谷川裕

じゃんけんできめりゃいいのよさくらんぼ 雪我狂流

茎右往左往菓子器のさくらんぼ      高浜虚子
こう並べると、楽しいストーリーになる。ひとりニコニコとほくそ笑む。

句をつくった人が他の句を意識していることはない。いわば既製品としてすでに存在する句を、こっちが勝手に取り出し並べる。この遊び、この作業を仮に「コンピ句 compi-ku」と呼んでおこう。

句が「1句として在る」のは自明だが、読み手としての楽しみ方にはいろいろあっていいでしょう。どんと1冊、ひとりの俳人の句集を読む愉しみ、それはそれとして、また1句、好きな句を取り出して、愛の告白をするように(こんなにも好きなんです)、その句について語ってみる愉しみ、それはそれとして、「こう並べてみると……ふむふむ、ほおー、あはは」ってな具合に「コンピ句」として読んでみるのもまた、私にとっては愉快な遊び。ざんす
[PR]
by tenki00 | 2006-10-31 19:02 | haiku

浮御堂きのこなべ句会

ヘンな茸がまざっていたにちがいない。

祐天寺大将が某俳句研究賞受賞作家にキスを迫りまくり、それをyuki氏が阻止、自分のくちびるで受け止めまくる。よくできた嫁だ。からだを張ってお客様をお守りした。

「おまえが守れよ」という声も聞こえるが、私? 私には無理。

竹丸さん句会デビュー! おめでとうございます。カタギの生活には、もう戻れない鴨。

ともかく、全員ほぼ無事で句会とその後の大暴れを終える。お疲れ様でござんした。
[PR]
by tenki00 | 2006-10-30 00:38 | haiku

ハロウィン

d0022722_0333818.jpg猫髭Jack-O-Lantern in USA

空飛ぶ不良俳人・猫髭さん寄贈の自画南瓜行燈
[PR]
by tenki00 | 2006-10-30 00:34 | pastime

選のない句会

百句会(祐天寺大将主催)には「選」がない。清記もない。およそ10題、ひとり10~20句を作ったら(全部で百数十句になる)、題ごとに読み上げる。各自反応(大笑い、巧い!と唸る、気持ちがいい、いまひとつ、その季語はどーなの?etc)。反応がひとしきり終わったら(この間数十秒)、作者が名乗る。

作句(あるいは持ち寄り)→清記→選句→披講、というのはどの句会でもやることだから、百句会のこのパターンはおもしろい。点数ではなく連衆の反応(声・空気)を各自持ち帰り、自分の句を残すなり捨てるなり推敲するなり。

句会に答えなどない。答えが欲しいなら、帰ってから自分で探す。連衆はみなオトナである。自分の句の始末は自分でつける。

一方、私自身、俳句は、「字」であるより、「声」であると思っているので、その意味でもこの百句会の進行は愉しい。
[PR]
by tenki00 | 2006-10-29 08:34 | haiku

1955

何度も何度も読み返してしまった。

とびきりの話。↓
http://blog.livedoor.jp/guen555/archives/50757550.html
[PR]
by tenki00 | 2006-10-28 10:29 | pastime

大予告 「大衆性と文学性」シンポを聞いて

第2回までやって、そのままになっている「「大衆性と文学性」シンポを聞いて」。
誰もが、もうやらないんだな、とお思いになっているなか、

やります。

来週かその先か。ともかく、やると言ったのだから、やります。
きっと。たぶん。おそらく。ひょっとしたら。いやいや、絶対に。

過去記事はこちら。これでも読み返しながら、気長にお待ちいただきたい。
第1回 http://tenki00.exblog.jp/3978596/
第2回 http://tenki00.exblog.jp/3982304/

あと、こちら↓は、パネリストのひとり雄鬼さんの関連記事
http://sky.ap.teacup.com/ukiuki575/202.html
[PR]
by tenki00 | 2006-10-27 18:20 | haiku

水の底楽団ライブのお知らせ

ライブざんす。

句友の十四郎吾郎各氏のいるバンド。

d0022722_19244342.jpg
←クリックすると大きくなります。
[PR]
by tenki00 | 2006-10-26 23:45 | pastime

日本シリーズ(2)

八丁堀の鍼から帰ってくると、日本シリーズ第4戦の8回裏。

新庄を見ながらyuki氏、「こいつ、やっぱりヘンだよ」
「何が?」
「帽子のツバ、やたら長い」

野球ファンには周知だが、yuki氏はふだん野球を見ない。それにしては、いいところに目をつける。

「ヘンなやつ。でも、いい子だね」

私もそう思う。

タイガースにいるときはあまり興味はなかったが、新庄は楽しい。そして、ドラゴンズ、あのそつなく抜け目なく、いやらしく合理的に戦うドラゴンズと対照的に、新庄と日本ハムは、どこか破綻があって、明るい。(このシリーズの結果にかかわらず)日本の野球をおもしろい方向に変えてくれたような気がする。

一方、新庄のことを「走攻守一流、アタマ三流」と評した野村監督も、タイガースのときは嫌でしかたなかったけれど、なくてはならない存在のように思えてくる。明るい場所を引き立てる陰。陰もまたシブい。
[PR]
by tenki00 | 2006-10-26 12:15 | pastime

日本シリーズ

テレビをつけると日本シリーズ第3戦。
ふだん野球は見ないyuki氏、「どっちが勝ってる?」と聞くので、
「日本ハム」と答えると、「いいぞ、いいぞ」。

日本ハムを応援しているらしい。

「落合監督とヒルマン監督じゃあ、ヒルマンのほうがいいか?」と聞くと、
「もちろん。日本じゅうがそうじゃないの?」

はっきりしている。

画面を見ながら、「あの人、誰?」と聞いてくる。
「小笠原。野武士みたいでしょ?」
「ううん」と首を振る。「アイヌの人みたい」

そらまあ日ハムは北海道なんだけどね。
[PR]
by tenki00 | 2006-10-24 21:04 | pastime

よくわかる句とわからない句

俳句総合誌が主催する「賞」について、ほとんど知識がない。候補作・選考記事を読んだのは、去年の、そして今年の『俳句研究』。いずれも知人の作品が載っているからという卑近な理由だ。二度読んだだけという但し書きは要るが、ひとつ感じたことがある。それは、候補作が、「よくわかる句」「わかりやすい句」で占められていることだ。このことは、やはりかなり奇異に感じてしまう。

「よくわかる」「わかりやすい」というのは、意味がよく伝わるというくらいの単純な意味。興趣を感じるか感じないかは別にして、意味はわかる。

俳句には、なんだかわからない句、意味の把握できない句もたくさんある。いわゆる「難解」な句と呼んでもいい。わからないからおもしろくないかといえば、そんなことはない。わからないけれど、おもしろい句はたくさんある。ところが、そういう句は、予選に残らないのか、残っても選者の◎○を獲得しないので誌面に出てこないのか、そこはわからないが、ともかく「よくわかる」候補作ばかりなのだ。そこで、とりあえず、次のように結論づけることにした。

この手の賞は、俳句の半分、あるいはひとつの側面しかカバーしていない。

だからと言って、受賞作や候補作の価値が下がるわけではない。だが、意味のよくわかる句ばかりでは、俳句がもっている美味しさのうち半分しか味わっていないことになる。「なんだかわからないけれど魅了される」という句がたくさんあることを、読者として忘れないようにしたいざんす。
[PR]
by tenki00 | 2006-10-23 22:08 | haiku