<   2006年 03月 ( 38 )   > この月の画像一覧

オリベッティ

d0022722_14251181.jpg若い頃、何を思ったかタイプライターを買った。欧米語をすらすら読み書きできるわけでもない。特別の興味があるわけでもない。けれども、ワケがわからないまま手に入れたくなるモノがある。

こんなことを思い出したのは、東人さんのブログで「オリベッティよ、永遠なれ」という記事を読んだからだ。

買ってはみたものの、正式のタイピングを習うわけでもない。部屋の飾りと化し、何度目かの引っ越しのとき、古道具屋の友人が持っていった。

オリベッティの名を次に聞いたのは、ノートパソコンがらみだった。まだウィンドウズOS以前(DOS)のことで、オリベッティのPCを、友人は「白痴美人」と表現した。顔がきれいでも頭は空っぽ。デザインは抜群だが、性能がダメということで、「顔が良ければ中身はどうでもいい」と思えるほどの器量はなく、そのときは結局、中古のSOTECを買った。

オリベッティに限らず、欧米メーカーの製品デザインには魅力的なものが多い。日本製とは格段の違いだ。イタリアのATM(現金自動預払機)はオリベッティ製だから、色もきれい、デザインもきれい。ウソだかホントだか、そんな話を聞いた。イタリアに行ったことなどなく、確かめようがないが、日本のATMの気の滅入るような「デザイン性のなさ」を思った。インダストリアルデザインの貧しい国に暮らしているという実感は、昔も今も変わらない。

オリベッティのコンピュータ、といっても、私たちは馴染みがないが、ボウリング場のコンピュータでは一定のシェアがあったらしい。これは、十数年前、日本オリベッティ(当時の社名。すでにこの名が消滅してしまったことは東人さんの先の記事にあるとおり)に勤める知人から聞いた話。

IT企業として生き残ることのできなかったオリベッティだが、ちょっと古めかしい製品は、まだ買うことができるようだ。http://www.noax.co.jp/products/index.html
私が昔に買ったタイプライター「レッテラ32」も復刻版が販売されている。

追記:ブログ「東人雑記」は、2006年03月12日「初めてのプログラミング」に始まる一連の企業モノを、このところ興奮して読んでいる。きわめて興味深く刺激的な内容。くわえて最新記事にある『ナマコの眼』(鶴見良行)は思い出深く、また大好きな本。つくづく次の記事が楽しみなブログです。
[PR]
by tenki00 | 2006-03-31 19:24 | pastime

好き句73 高濱虚子

川を見るバナナの皮は手より落ち   高濱虚子

3連発。というだけの話。
[PR]
by tenki00 | 2006-03-30 18:11 | haiku-manyuuki

好き句72 四童

虚子ブーム便乗第2弾。立て続け。

旗竿に金の玉ある虚子忌かな  四童

この句について言うことは、何もなし。みごとに何もなし。22世紀に残る句だと思う。
[PR]
by tenki00 | 2006-03-30 18:04 | haiku-manyuuki

好き句71 斉田仁

このたびは風の虚子忌となりにけり  斉田仁

たじまさんの「虚子」という記事 http://moon.ap.teacup.com/tajima/151.html
信治さんの「虚子ですなあ(改)」という記事 http://uedas.blog38.fc2.com/blog-entry-44.html
虚子ブーム? 狭すぎる範囲だが…。

虚子ブーム便乗第1弾。

仁さんが、俳句について本気で語ることはほとんどない。だいたいは酔っぱらっているので。でも、ごく稀に口から出てくる本気の言葉を、なるべく聞き逃さないようにし、それをほぼ全面的に信用する。こと俳句に関して、ちっとやそっとでは人の言うことを信用しない私が、「仁さんがシラフで言うことだから正しいのだろう」と判断する。それでよいと思っている。

一方、仁さんは、本気で俳句を作っているのか、そうでないのか? これは、ほとんどさっぱりわからない。掲句もそう。でも、なんともかんとも良い。
[PR]
by tenki00 | 2006-03-30 18:00 | haiku-manyuuki

次回の浮御堂くにたち句会は…

2006年4月9日(日) 14:00 JR国立駅南口集合 …というような感じかと。

散歩・題詠(適当)・選句・合評→お時間の許す方は飲んで喰う。

参加いただきます方は天気までご一報いただけますと、用意いたします食餌の量などの点で有り難いです。

d0022722_11213229.jpgところで、現在、くにたちの桜はすでに満開に近い。4月9日だと、散り終いを拝めるかどうかの微妙なところです。
[PR]
by tenki00 | 2006-03-29 17:22 | haiku

温泉と「ステージ101」

温泉に行ったのは、義母の喜寿の祝いなのだった。

お祝いなので、充分なご馳走にさらに鯛のお造りと金目の煮付けをつけてもらった。後半にさしかかり(野球で言えば7回あたり)、白魚の踊りが出た。碗の蓋を開けると、元気にちょろちょろ泳いでいる。yuki氏は、絶対ヤダ!と言うので、食べないのかと思っていたら、ごくっと飲み込んでいる。かと思ったら、変な表情になって、ぶはっと碗に戻した。

こらー! 戻すんなら食べるなー!…と、義妹と私とが同時に叫ぶと、ごくっと、こんどはほんとに飲み込んだ。戻したのを、また飲むか? わけわからんやっちゃなあ。

温泉につかってご馳走をいただいて温泉につかって。極楽極楽。早めに就寝。ところが、夜中になってyuki氏がむくっと起き上がり、テレビをつける。NHKのアーカイヴとかいう番組を観るのだと言う。かなり酔っぱらって寝入ったはずなのに、時間が来たら、きっちり目を覚ます。わけわからんやっちゃなあ。

昔の番組を放映する番組で、「ステージ101」を観るのだという。そういえば、そんな番組があった。私たちが若者だった頃の「若者番組」だ。大勢の若者が歌い踊る。その「大勢」のことを「ヤング」と言う(なんという凄いネーミングだ!)。

観ているうちに、「なーんか、これ(この人たち)を観たことがある」と、おぼろげに記憶が蘇り、それと同時に、この「ヤング」たちの物凄さ加減に夢中になり、ふたりとも身じろぎもせずに見入り、ぎゃあぎゃあ受けまくる。

三十年前の「ヤング」は、こんなにヘンだったんだなあ。服がヘン、髪型がヘン、化粧がヘン、顔がヘン、乗りがヘン。NHK特有の「ヘン」を差し引いても、この時代の「ヤング」は今から見ると、とってもヘンで、なおかつ、そこに横溢するヘンさの質はちょっと説明しにくい。そして、まさしくこの時代に、yuki氏も私も「ヤング」(というか子ども)だったわけで、このヘンさは他人事ではない。私は、髪が肩まであったりしたし…(ぷっ!)。

これに比べたら、今の若い人たちは全員かわいいし、洗練もされているような気がする。しかし、まあ、30年経って彼らが30年前の自分たちを見たら、私たちと同じ感慨を味わうのかもしれないなどとも思う。

つまり、なんだな。掘り起こしたりせずに、埋めたままにしておくべき過去というものがあるのだな。

そんなこんなで、この番組を見てから現在まで、yuki氏と私のあいだでは「ステージ101」がちょっとしたブームになってしまい、帰宅するなり、ネット検索したりして、いろいろとリサーチしたのだった

喜寿の祝いで出かけた温泉旅行が、こんな意外な展開を見せるとは! 世の中わからない。世の中おもしろい。
[PR]
by tenki00 | 2006-03-28 00:21 | pastime

ネット句会いろいろ

オクンチは29日が〆切。詳細は↓
http://www3.ezbbs.net/03/0123/

四童珈琲店の誓子忌句会は〆切、若干延長?
http://otd10.jbbs.livedoor.jp/1010658/bbs_plain

恒信風句会も〆切、若干延長?
http://otd5.jbbs.livedoor.jp/520830/bbs_plain

小麦句会は4月1日が〆切(エイプリルフールじゃなく、ほんとの〆切だと思う)
http://8620.teacup.com/mugi0000/bbs
[PR]
by tenki00 | 2006-03-27 23:27 | haiku

「麦の会」の賞

「麦の会」の作家賞と新人賞が決まった。作家賞は餡子さん。このブログにもときどきコメントを残していただいているし、オクンチ句会の常連だ(このところ、ちょっと事情があってお休みが続いているが)。新人賞は登季さんで、掲示板のしりとり句などでお馴染み。お二方とも、この界隈の御常連ということで、その意味でも、めでたい。

  母はその母の話をして四温  餡子

  置いてきた金魚旅愁の中で買う  登季


おめでとうございます。

いろいろ思うことはありますが、それは餡子さんたちと直接お話ししたいと考えとります(笑。
[PR]
by tenki00 | 2006-03-27 23:22 | haiku

俳壇についての続き:評判と見物衆

信治さんの「俳壇論」の第2弾↓
http://uedas.blog38.fc2.com/blog-entry-43.html

この際、トラックバックを楽しく行き交わせたりして(にこにこ)。

信治さんは書く。
「俳壇」とジャーナリズムの関係は、そこで転倒している。「評判」を決める主体が、見物衆orジャーナリズムから、「俳壇」自身へと移行しているのだ。

評判の主体が「俳壇」自身へと移行という点には首肯。ただし、この一文のほか、記事全体に「ジャーナリズム」という語が使われていることには違和感が残る。その理由のひとつは、この記事だと、(確信犯的な書き方はされてはいるものの)、まるで俳句の世界(俳壇)にジャーナリズムが存在するかのように聞こえること。そんなもの、ない。

信治さんみたいに書くと(例:新人賞は、ジャーナリズムへの登録)、自分たちがやってることが「ジャーナリズム」なのだと大勘違いする俳誌関係者や句集出版関係者(自費出版屋)が出てくるかもしれん。それがとっても心配。

ジャーナリズムという語への違和感については、微妙なところも含むので、詳しく書いておきたいが、今夜はちょっとリラックスな自分だし(ふにゃふにゃー)、明日から温泉だし(にこにこ)。あらためての機会にしようと思う。

追記:信治さんの「俳壇など無きがごとくに振る舞うが吉」という、以前出した結論に、変更ナシという御言葉には、私も変更ナシで賛成。こんなものを「厳然とあるが如きに振る舞い、おまけに俳壇との関係に労力を費やすのは、俳句以外に楽しみのない退役老人か、そうでなければ社会的・精神的に不遇な暇人だろう。

でも、まあ、無視すべきものについて、こんなにいろいろ書いているのは、もっと暇人ということか。ともかく、明日から温泉だから(再び、にこにこ)、どうでもいいや。
[PR]
by tenki00 | 2006-03-25 23:30 | haiku

ウィラポン・ナコンルアンプロモーション

午後は自宅でいいかと、居間で労働。気分転換にテレビをつけて、ソファーで横になっているうちに猫の一緒に眠ってしまう。予定外のうたた寝って、なんで、こんなに気持ちいいんだろう。そのうちカーンというゴングの音で目が覚める。ボクシングのWBCタイトルマッチが始まった。試合は第9ラウンドのしょっぱな、チャンピオン長谷川選手のカウンターフックがきれいに決まる。ウィラポンは、これまでこんな倒れ方したことがないんじゃないの?と思うようなダウン。いい試合だった。
[PR]
by tenki00 | 2006-03-25 22:02 | pastime