<   2005年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

11月が終わる

もうすぐに12月? ですよね? うん。早くも12月になってしまいますね。

Tower of Power の Back to Oakland を聞きながら書く。

打ち合わせ(ぐわっ!予想どおり、かったるい!)に出かけた電車の行き帰りで『人格障害をめぐる冒険』という本、前半読了。「めぐる冒険」と銘打つだけあってちょっとまどろっこしいが面白い。

夜、仕事場で印刷所からのファクス(ご苦労様です!)を待つあいだ、俳句をひねる。オクンチ句会やら小麦句会やら俳句な毎日やら。俳句をひねっていて、唐突に柳亭痴楽を思い出す。綴り方教室だ。五七五だ。俳句は、バカみたいな句ばかり作りたいのに、それは存外むずかしくて、無様な失敗ばかりに終わる。でも、また捻る。

yuki氏はさすがに疲れが出たのか、頭が重いと入って早くからベッド。仕事場から帰って、私もなんかへとへとみたいで、アタマがいつにも増して幼児化、「ぼくのズボンちゃん、ぼくのズボンちゃん」と口走りながら、着替えを探していると、寝ていたyuki氏にウケる。んなものウケてもなんにもいいことないが、ウケないよりは嬉しい。

仕事→風呂→仕事にするか、風呂→仕事→仕事にするかを迷いながら、コーヒーを一杯。すると唐突に、豆の木の掲示板で、峠谷さんが、私(天気)とは住んでいる文化が違うとおっしゃっていたことを思い出す。うん、違うかもしんね。

と思うと、峠谷さんの「ご飯」シリーズ、大変だなあと思ったりもする(文化が違うというのは、そういう意味ではないんだが、当たり前だが)。私、基本的に外食、きらいだから。家のごはんが一番。といっても、今夜はyukiぶっ倒れたので、ひとりで外食した。

実家のビーグルの子どもが生まれ、弟からその写真がメールで届く。ひゃあ!かわいい!父親はビーグルではなくて予定外のご懐妊ご出産。でもやはり雑種が可愛い。犬も猫も雑種がいいなあ。

シノギがひと息ついたと書いたが、ついてなかった。でも、あと2晩で少し楽になれる。とりあえず、がんばる。なにをがんばるのかわからないが、がんばらないのはダメと思うので、がんばる。
[PR]
by tenki00 | 2005-11-30 21:57 | pastime

ショパン猪狩逝去

もはや旧聞か。11月13日逝去

ショパン猪狩 しょぱん・いがり1929-2005 東京都目黒区生まれ。一九五〇年、兄妹四人と役者、踊り子、楽団員と総勢二〇名で常磐楽団を結成。一九五五年、アジア初の女子プロレスリングを結成。のちに「レッドスネークカモン」で知られる東京コミックショウを結成。

ではまたとショパン猪狩の蛇穴へ   天気(『チャーリーさん』所収)

来よと呼ぶショパン猪狩の虎落笛   天気
[PR]
by tenki00 | 2005-11-29 19:21 | pastime

本日の水木さん

水木しげるの言葉を集めた『本日の水木さん』という本が出た。

366日・1日1ネタのひと頃流行った編集スタイル。

1月1日。

ある日、(爆弾で)切った腕から
かすかに赤ん坊の匂いがする。
(後略)


すこしのあいだ、仕事机のそばに置いておこうと思う。


ところで、きょうで、きわめて太いシノギがひと息ついた。解放感! あした休むか? と思っていたら、電話がかかり、「あした、よろしくお願いします」。そうだ。広告関係の打ち合わせがあったのだ。もうすこし忘れていたかった。
[PR]
by tenki00 | 2005-11-29 18:43 | pastime

おんなの歳時記

俳人必読・必聴。
http://green.ap.teacup.com/touge/373.html

誰か作曲して、どなたか(女流俳人)歌っていただきたい。
[PR]
by tenki00 | 2005-11-27 17:18 | haiku

残り3分の1

俳句を作っていて、間抜けにもよくぶつかる現実的な問題がある。上中下のうち2つができて、あとの1つが決まらない。「俳句は長いなあ。12音くらいならよかったのに」などと弱音を吐く。根気のないことである。

例えば、たじまさんの「俳句な毎日」にすこし前に投句した句。

  奥の間に鶴のかたちの医療器具  天気

お題が「医療」で、そんなものどうやって作る?という感じだが、なんとか捻った。「鶴のかたちの医療器具」がまずできて、残る上五がどうにも決められない、う~んう~んと30秒ほど唸って、ギブアップ、適当な上五を付けたという制作手順は、この句から見え見え。12音で終わりにしたいときは、どうでもいいような5音(とある日の、そしてまた、とか、かたかたと、などの擬音系副詞…)を持ってきてしまうドツボもよくやるし、その延長で、「奥の間に」となってしまった。

「鶴のかたちの」の「鶴」は、有季の最も緩いルールでは季語といえなくもないが、だいたいは季語とは解してもらえない。もらえなくて、無季でいっこうにかまなわないという手もあるが、「鶴」の字が入った五七に、どんな冬の季語を斡旋するかは、とてつもなく難しい。寒さとか温度関係は、医療器具にツキスギになるし、鶴と医療器具をぶつけているから、ぶつける季語は使いにくい。

というわけで、いろいろ考えた末、ここは、てふてふさんに教えていただくことにした。読んでいらしたら、「季語」をいくつか見繕っていただけませんしょうか? 路地から「旦那、いい季語、ありますぜ」とにじり寄ってくるあの感じが望ましい。ロハがありがたいが、なんならラーメン1杯くらいの薄謝は惜しまない。

添削されることを嫌がる人も多いようだが、私はぜんぜん嫌じゃない。いいアイデアはどしどし採用するタイプである。もしもこのさき句集を出すことがあれば、1冊まるごと、祐天寺大将に添削に出そうと考えているくらいだ。

でもね、俳句は、3分の2が決まってからの残りの3分の1、そこが勝負というのは、もちろんわかっている。わかったうえで、さっきの鶴の句、いい季語、ないですかねえ? てふてふさん。あるいはどなたでも。
[PR]
by tenki00 | 2005-11-27 01:32 | haiku

東京無銭

yuki氏関係のお知らせが続きますし、明日っつう急なことですが、yuki氏の従弟(テレ朝アナ)が出る落語の会があります。深川に近い方、ご興味のある方はどうぞ。

http://tokyomusen.at.infoseek.co.jp/kouen/kouen.html
[PR]
by tenki00 | 2005-11-26 00:11 | pastime

恒信風句会 〆切が延びた

http://otd5.jbbs.livedoor.jp/520830/bbs_plain
[PR]
by tenki00 | 2005-11-25 11:12 | haiku

銀座Ⅱ 勤労感謝の日

yuki氏より、演奏会に来ていただいた方々、また当ブログにコメントをお寄せいただいた方々に、言葉に表せないくらいの「ありがとうございます」とのことです。

さて、私めも、いろいろな方にお会いでき、楽しい一日になりました。

朝、クルマで中央高速をぴゅーっと銀座まで。いつものような渋滞もなく家からホールまで軽く30分を切って到着。yuki氏の同僚の和田っち(今回ステージマネジャー)ほか、ピアノ関係の友人(今回もろもろスタッフ)、mikiちゃん(yuki氏の妹、受付担当)など、続々ご到着。調律の上がりを待って、リハーサルが始まる。音楽関係には手が出ない私は、ぎゃ!ビデオカメラが充電できとらん!電源コードは?家に置いてきた!何やってるだあ、あっしとしたことが!とひとりでてんてこ舞い。無能。

リハーサルの模様は、楽屋のモニターとスピーカーにも流れてくる。えらく力が入っている。オープン戦首位の昔のタイガースみたいに、開幕前に燃え尽きないか?と心配になる。

友人の娘っ子が三越地下で昼食用のおむすびを買いに走る。ええっ!?20個中、天むすが3個?これでは私は手を伸ばせない!大好物なのにー!とまたもや、音楽関係外のところであたふたする。無能。

開演が近づく。玄関では、ふだんからお世話になっている方々の顔も見え、嬉しくなる。ネットでおつきあいさせていただいているがリアルではお会いするのが初めての方にもお会いできた。久しぶりの友人が現れびっくりする。肩を組むようにして入ってくるのは、先日yuki氏が中学の同窓会で何十年ぶりかで再会を果たしたお仲間たちだ。

そして開演。音楽が鳴り、終演。伝わるものは伝わっただろうし、温かい拍手もいただけた。yuki氏としてはいろいろ心残りの部分もあるだろうが、がんばった甲斐ががあったのだと思う。終演後は後かたづけ、スタッフとお茶、そして、yuki氏と私で御座敷を2つ3つ廻る。その後は、膨大な花束を積み込んだクルマで花の香りに包まれながら中央高速をぴゅーっと帰る。

そんなこんなの勤労感謝の日。あらためて私からも、ありがとうございました。

勤労感謝の日があけて24日、yuki氏はいつもどおりガッコに。私は仕事場で山本星人ほかと労働しまくりでありました。

で、俳句関係でひとつ。月天・百句会関係のメンツにとっては、「葉月ちゃんの正体」こそがある意味この日最大のトピックではなかったかと…。どお? いちばんウケてた六番町先輩。
[PR]
by tenki00 | 2005-11-24 22:48 | pastime

ピアノリサイタルのお知らせ

(当分トップの位置に置きます。最新エントリーは、ひとつ下です↓)

このブログでも大暴れの yuki 氏のピアノリサイタルです。

2005年11月23日(水・祝) 開場 13:30 開演 14:00
場所:銀座・王子ホール
 場所はこちら
全自由席 ¥3,000(学生 ¥2,000)
●曲目●ハイドン ソナタ 変イ長調 Hob.ⅩⅥ-46●シューマン 謝肉祭 Op.9●ゴットシャルク ユニオン●モクラニャッツ こだま●プーランク ナポリ

昼なので、銀座でお遊びのついでにお立ち寄りいただくのもよいかと存じます。
お問い合わせは天気までメール ueda@inks-co.co.jp
[PR]
by tenki00 | 2005-11-23 02:05

銀座

yuki氏の本番がいよいよ明日に迫りました。

王子ホールといっても銀座である。東京都北区王子ではない。苫小牧でもない。銀座四丁目のあの角からすぐのところである。お越しの皆様は、くれぐれもお間違えのなきよう。

当日券もあるようだから、気が向いた方もぜひお越しくださいませ。

さて、演目が終わるのは4時と早い。それからの銀座の愉しみもいろいろあります。祐天寺大将はパイプの菊水を冷やかしに立ち寄られるのであろう。上品な女流俳人の皆様は、鳩居堂で句帖やら便箋をお求めになるかもしれない。山本星人は、4時で終わるなり「新橋で呑む」とのたまわれた。ご夫婦でお越しの方々は、すでにディナーをご予約されたかもしれぬ。

しかし、呑むにも食事にも4時はまだ早い。ひとつ、俳人諸氏への情報として、句会のできる喫茶店。銀座2丁目、メルサの並びだったか地下2階、喫茶ルノアール。ここはなんと、豆の木さんが隔週木曜日に句会を開いている「俳句の聖地」とも言うべき場所であります。

まあ、ともかく、明日、いらっしゃる方は、どうぞお気をつけて、銀座の午後をいろいろとお楽しみください。
[PR]
by tenki00 | 2005-11-22 19:16 | pastime