<   2005年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧

好き句55 樋口由紀子

足の指ひろげてみるとペルシャ湾   樋口由紀子

なんだかすごく納得してしまうから不思議だ。

足の指をひろげるということ、それだけで世の中のおもしろいことの何割かが充満している。ちなみに、かみさんは、足の指ががばっと開く。その足を愛す。これはのろけの部類ではない。ロラン・バルトが日本の地で赤い消火栓を愛してしまったのと同じく、意味がしわくちゃになった、その死角のような場所で突然に陥る機微である。

ひろげた足の指。そして? ペルシャ湾である。ぱっかーんと、心の中の空気が乾ききる展開ではないか、これは!

掲句は、セレクション柳人13『樋口由紀子集』(邑書林)所収。

樋口さんが送ってくださったこの句集、数日前に届いた。多謝。まだ御礼の手紙が書けていない。
[PR]
by tenki00 | 2005-05-31 23:16 | haiku-manyuuki

浮御堂句会 2005年5月

悪魔のように句をつくり、天使のように句評する、浮御堂句会は無事終了。御参加の皆様、お疲れ様でした。御参加でなかった皆様はいかがお過ごしの日曜日だったでしょうか。

鰹はやはり旨かった。前日、土佐から携帯に電話があった。2時と4時の間に届く旨、特別に活きの鰹を(いつもは活きじゃないのか。それでも充分おいしかったけど)、たたきにした旨、魅惑的な西の訛りでしゃべるおばちゃんから伝えられたが、旨かった! お礼の手紙を書きたいくらい。

国立の駅前に集まった2時は、夏のように暑い。大学通りの葉桜の道をぶらぶら歩いて拙宅へ。ほどなく鰹が届き(ヤマト運輸、えらい)、私と由季は川崎街道を、麦編集部へ、鰹のお裾分けに突っ走る。お集まりのお歴々へのご挨拶もそこそこに、府中の自分ん家にとってかえし、クルマのなかでつくった句を投句。清記。選句。講評。で、ひつこいが、鰹、旨い。

句会はいつになく盛り上がり、講評は1句目から助詞の1字についてまで、皆様、熱く熱く語りまくる。進行役の私は、「最初からそんなにぶっ飛ばしてだいじょぶですか? 体力もちます?」とクールダウンに努めたのであった。

前日、麦の大先輩諸氏と御飯・歓談しているとき、「俳句がおもしろいのかおもしろくないのか、いまひとつわからない」といった感想を述べた、それは正直なところ。じゃ、なんで続けているのかといえば、やはり句会がおもしろいからだという結論に、自分で達した。

思えば、私の俳句遊びは、(句集の)読書からでも作句からでもなく、句会から始まっている。それも、月天というおもしろすぎる句会からだ。句会がおもしろいから俳句を続けているのかもしれない。句会に参加するために、俳句をつくることをやめないのかもしれない。

とゆうようなことはどうでもよくて、楽しい句会、旨い鰹だった。

来月は、三陸宮古から雲丹を山ほど取り寄せる「雲丹句会」だ。来月まで元気でいようと思う。
[PR]
by tenki00 | 2005-05-30 22:40 | haiku

好き句54 池禎章

ボケ始む枯野のような屁のような   池禎章

去年の冬に土佐国で禎章さんにお会いできたことは、私の一生の思い出である。あれから体を悪くされ、リハビリ中とかと聞いたが、こうして句に出会えるのが嬉しい。

そのとき土佐で、おみやげに買った鰹のたたきは旨かった。その同じ店から、あしたの浮御堂くにたち句会に、鰹のたたきが届く。お集まりの皆様はお楽しみに。お集まりでない皆様は、想像して、羨ましがってくださりませ。

掲句は『麦』2005年6月号所収。
[PR]
by tenki00 | 2005-05-28 23:22 | haiku-manyuuki

田沼文雄句集

麦の会の前会長・田沼文雄さんの句集制作を進めている話は再三している。きょうはその大事な局面、寄付お願いのお手紙を関係各位に発送する準備作業。照ちゃん、富美ちゃん、珠ちゃんが駆けつけてくださり、ちゃっちゃかちゃっちゃか、いろんな作業。御陰様で、あとは日本中の郵便夫たちに切手80円分の仕事をきちんとしてもらうだけである。民営化とかいろいろあるらしいけど、しっかりがんばってちょうだいね。
[PR]
by tenki00 | 2005-05-28 22:46 | haiku

蠅句

robin d. gill(敬愚)さんの「蠅句 Fly-Ku」の書評が紹介されている。

「蠅句」のご注文はこちら。持っていて、読んで、損はしません。おもしろいこと、うけあい。
不肖・わたくしめによる「現代の蠅句80選」も。ううむ。これは宣伝にはならないか。

ともかく、ご購入、よろしく!


追記 05-05-28 10:00 現代の蠅句80選、私は選んだだけ。解説(論評)はギルさんです。
[PR]
by tenki00 | 2005-05-27 21:41 | haiku

「タナカヒロシのすべて」

おもしろかったあ! 由季氏もたいへんに気に入り、映画館を出るなり「おもしろかった!」を連発した。

午後、クルマで東へ。ブリジストン美術館の裏の画廊へ。知人のおじさんの彫刻家、鯰絵でも知られる関頑亭さんの個展を観て、頑亭さんにもご挨拶。そのあと八丁堀の鍼。そのあと渋谷へ。シネクイントの7時半からの最終回。「タナカヒロシのすべて」は、いい映画だった。

これから観に出かける方もおおぜいいらっしゃるだろうから、仔細は書かないが、ともかく良かった良かった。
[PR]
by tenki00 | 2005-05-25 22:59 | pastime

オークション

Blues Movie Project コンプリートDVDボックスは売り切れだったが(2005-05-20 23:13 の記事参照)、山本星からやってきた山本星人が「ヤフオクに出とるよ」と教えてくれた。悪いことを教えてくれるものだ。ヤフーって、あの若禿のおじさんの会社だよね。そのオークション? 略してヤフオクか。

オークションには出品も入札も経験がない。ちょっと興味が湧いた。しかしながらサイトに行ってみると、登録がめんどうだ。月会費もかかるっぽい。じゃまくさいなあ。あきらめかけたが、友人の骨董屋がヤフーオークションにもモノを出しているとか言っていたことを思い出し、さっそく電話とメール。

他人に委託して競らせるなんて、ちょっとなまいき。金持ちっぽい。上限金額を伝えたりするのだが、そこがそれ金持ちどころか貧乏人そのもので、我ながら優柔不断このうえない。

期限は今晩の夜中。画面を見ていると、おお!やっとるやっとる! 他人事のような我が事のような奇妙な気分。オークションとはお祭りでありゲームだな。そして戦争と同じで、手段が目的化してしまいやすい。何のために戦っているのかを忘れて、戦いが目的化してしまう。つまり、競り落とすのが目的化し、そのブツがほんとうに欲しいのかどうか忘れてしまいそうになる。そしてネットオークションは、顔の見えない同士なので、これはまたこれで奇妙な感興がある。

結果は、途中でオンリ。つきあってられない金額にまで上昇した。ブツは手に入らなかったが、タダで興奮を味わったと思うことにした。戦いの記録はこちら

と書くと遊んでるみたいだが、残念ながらそうではない。クライアントの人たち、担当編集者の人たち、怒りをおさめよ。このところ嫌になるくらい仕事しまくりである。えらく手のかかる広告物を20頁程度、一気にデザイン入稿。中国大使館近くのデザイナーさんが泣きそうな顔をしていた。帰ってくると、別件の催促メールが複数到来。このゲラ明日までに見とけよ!のファクスも1件。あすはロケ。俳句関係の太い業務も火急である。映画も行くぞ。

つうことで、とってもピンチ。
[PR]
by tenki00 | 2005-05-23 23:19 | pastime

中国大使館

のあたりが、ときどき大変なことになっているらしい。というのは、南麻布のデザイナーさんとこに行ったとき、ものすごい声というか鳴き声というか、尋常でない騒音が聞こえてきたので、ん?という顔をしたら、「中国大使館がすぐそこなんです」ということだった。ふうん、右翼やら野次馬やら警官やら、それから中国人やら、みなさん大変だ。
[PR]
by tenki00 | 2005-05-23 22:10 | pastime

TEACUPのブログ

ここに引っ越してくるまで使っていたブログ、せっかくなので「お知らせ」用に使おうと思います。

http://sky.ap.teacup.com/tenki/

たまに更新しますので、たまにご覧ください。
[PR]
by tenki00 | 2005-05-22 09:31

ブルースだらけ

Blues Movie Project 全7篇のうちの1つ Devil's Fire のDVDが届いた。ちょうどシノギの助っ人に現れた山本星人と家で鰻のひつまぶしを食べながら、観た。ブルースだらけ。すごい、すごい。最愛のSister Rosetta Tharpe もちょこっと出てくる。すごい、すごい。旨い(これは鰻の話)。笑う、笑う(これは映画の話)。泣ける。いわゆる、ぶっ飛ぶ。やはり黒は最高。

これは他も観なければなるまいと、貯金をおろして7篇+オマケ1本のコンプリートDVDボックスを注文。…しようとしたが、この3月発売で早くも売り切れ。ううむ、残念。

おばあちゃんブルースシンガーが語る。娘時代に、メイドで雇われ月給1ドル、ギターはその頃3ドルちょっとで買えたので、買った。てな話である。ギターは貧民の楽器だったのだなあ。教則本なんて当然あるわけがないから、皆それぞれ自分なりに弾き始める。だから、どのブルースシンガーの音も、他の誰でもないオリジナルな響きをもっている。

ああ、あとの6枚、観たいよー!
[PR]
by tenki00 | 2005-05-20 23:13 | pastime