<   2005年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧

りクルート

もエラくなったものだ。神戸女学院に出かけていってプレゼンをかましている

2、3年前だったか、某地味な国立大学で広報誌をつくるという話が持ち上がった。独立行政法人化に向かって、大学事務も教員も何かしなくちゃいけないが何していいかわからんという状態で、とりあえず大学案内とは別に広報誌を定期刊行しようという話になったらしい。

りクルートが企画をもってきてプレゼン。ところが「たのしいキャンパスライフゥ~」のような小学生ノリで、国立大学の先生たちを仰天させてしまった。ふつうなら「帰ってよし。二度と来ないでね」で終わるところだが、大学の先生は穢れを知らない、すなわち世間を知らないところがあるから、りクルートが申し述べた企画のあまりの馬鹿さ加減にあきれる一方で、独立行政法人ともなれば、こうゆうふうに世の中に迎合せねばならんのかという不安も残った。そこで、私のところへ相談と相成った。とこう書くと、私がエラい人みたいだ。えっへん。いやいや、そうではない。行きがかりというか手近というか、ご近所だったのだ。

商学部のバリバリ若手教授や教務課の方のお話を聞いて、ふむふむ、なるほど、りクルート様は巨大な勘違いをされているようです、できたてホヤホヤ数年で潰れるかもしれぬカタカナ大学様と、仮にも私たちが生まれるずっと昔から操業を続けておられる国立大学様とを同様に扱うなんて、おもしろすぎます。大笑いです。そんなことを申し上げて、広報誌というなら、こうした感じでつくられてはいかがでしょうとご提案。それからなんだかんだあって、いわゆるコンペとなった(その節はお世話になりました、六番町さん)。

りクルート、学生サークルみたいな若者たち(得体知れず)、そして私ども、という世にも奇怪な3者によるコンペ。ところが、あろうことか、私どもの提案さしあげた線(いわゆるコンセプト)を教務課が他2者ににオリエンテーションしちまった。つまりりクルートには「こないだ持ってきたみたいなバカ企画じゃダメです。この線でお願いします」とご丁寧に教示したわけである。そんなのアリか。だが、こういうことは広告業界ではよく起きるらしい。私が甘かった。

コンセプトを共通させたら、見積もりの値引き・付加価値合戦になる。りクルート様はその面では泣く子も黙らせるほどの強者ぶりを発揮なさる。ちょっと負け惜しみっぽくて我ながら醜いが、結果、コンペを勝ち抜いたのはリクルート。大笑い企画の大笑いりクルートに敗れた私は、大笑い以下か。納得できなかったが、これも世の中であると納得。そんなことがあったことも忘れていた。

それが2、3年たつと「大学関連系のシンクタンク」なども取り揃えたか。ふうんエラくなったものだなあ、つくづく。
[PR]
by tenki00 | 2005-04-30 18:40 | pastime

古い音源

というのは安いみたい。特に洋盤。

昼ご飯のあと、中古CD屋に入って、ぶらぶら見ていたら、4枚セット(洋盤。どこの国かは見なかった)1800円で、Cab CallowaySister Rosetta TharpeLouis Jordan
Lionel Hampton といったあたりが出ている。安い。1枚450円程度。でも、4枚は多いなあ。そんなにはいらない。どれも何枚か持っているし。ちょっと迷って結局買わなかったが、4人集まれば、1800円でこの4人のCDが1枚ずつ買える。

むかし神戸・武庫川のうどん屋に入ると、そこの主人がジャズファンらしく、ライオネル・ハンプトンの色紙が飾ってあった。うどんとライオネル・ハンプトンは非常に相性がいいように思った。L.ハンプトン万歳。キャブ・キャロウェイ万歳。ルイ・ジョーダンにもシスター・ロゼッタ・サープにも万歳!

追記:Sister Rosetta Tharpeでリンクしたページの中程左に演奏映像。気が変になるくらい最高だす!
[PR]
by tenki00 | 2005-04-30 15:02 | pastime

ふむふむ野球

歴史的逆転負けの翌日は、歯痒いばかりの貧打。これでこそ、である。ちなみに「四国リーグ」が開幕。ついでに、われらが野球歌仙は早くも絶好調に佳境の連続である。

というか、最近、書くネタがなくて、アソーティッドでお茶を濁すこと濁すこと。

で、関係ないが、明日は浮御堂くにたち句会。それに向けて、きょうは犬のように労働するぞ。

鯛の浜焼きは瀬戸内から無事届いた。従姉の娘っ子(農大醸造科出)が杜氏を使わず若者らだけで醸した酒はきょう届く手筈。「悪魔のように句をつくり悪魔のように飲み且つ喰う」この句会、2時集合である。乱入するが乱入の仕方がわからぬという方、御一報を。
[PR]
by tenki00 | 2005-04-30 09:31 | pastime

ブログめぐり

をする。

東人さんとこの「東人雑記」は読み応え充分。ネタはオトナっぽいし、格調高く示唆に富む。べた褒めだが、それも当然。とにかくコクがある。それにしてもパンナムのマッチ、なんてカッコいいのだろう。水色のロゴマークのすがすがしさったら、ない。私はパンナムはもちろん乗ったことがない。乗ったことのある米国のエアラインは80年代のUA。かつて海外エアラインがもっていたはずの洒落た雰囲気などなかった。エアラインというもの自体、価値がずいぶんと下がってしまったのだろう。

なむさんとこは、かつての日本プロ野球の「大」の話。プロ野球も、昔は今とは違う雰囲気があったのだと思う。

次は、最近ちょっと更新が少ない雄鬼さんとこ。さんまの蒲焼きもいわしのトマト煮も知らない。食べたことない。なんだかすごく食べたくなる。

紫野さんとこは蛸壺の話。ふむふむ。ちょっと不思議な仕上がりのショートショート風。

四童さんは、老眼かあ。同じく。辞書が読めぬ。資料の印刷物が読めぬ。これって、かなり支障があるのだ、私の場合。何か読みながらの作業が多いので、老眼は堪える。しかしお互い年ですねえ。それにしても、四童さんと老眼、はげしく似合わない気がするのだが。

いろいろと面白い話が読めるものだ。
[PR]
by tenki00 | 2005-04-29 21:25 | pastime

かんじき

という句誌が届いた。「かんじき」は木偏に累と書く。

昨年12月に麦の会・秋田支部句会にお邪魔した。そのあとすこしして、秋田支部が出している句誌に10句を寄稿せよとのご用命があった。げっ! 自選で10句? そんな暴挙はできませぬ。

「秋田滞在のあいだに詠んだ句のなかから10句を選べばいい」とおっしゃっていただいたが、あいにく、そのとき秋田でつくったのは3句程度。3句から10句を選ぶわけか。ううむ。

困り果てたが、ご用命であれば応えねばならない。「私のような初心者には100年早うございます」とお断りすることもできるが、一宿一飯の恩義がある。「はい。それでは謹んで」とお答えし、約1か月間苦しみまくって10句をお送りした。それが掲載された句誌「かんじき」が届いたのだ。

すこし前、自選の苦しさを書いたが、数か月前にもそれを味わっていた。何句か投句して、エラい人に選んでいただく。この結社の投句スタイルは気が楽でよい。ところが、自選となると苦しい。にがにがしい。いわゆるコンテスト的なイベントへの投句のための自選も苦しいが、それは他人様の目が入ったうえで、どこかに掲載されるのだから、まだいい。自分で選んだ句がそのまま掲載されてしまう場合、なんというか、こう、不安というか、怖い。で、「かんじき」に掲載された10句を眺め、やはり苦しい。こんなところにあって許されるものなのか。そのへんが自分自身でまったく不明である。おまけに、あまりに畏まって肩に力が入ったのだろうか(力抜くのが芸風なのにー)、自分の句じゃないみたいな句が並んでいる。俳句というもの、自分の句というもの、まことに厄介なものである。

しかし考えてみれば、他人様の選を経ずに掲載されてしまうという恐ろしい体験を、常日頃しているのだった。麦の会には毎月5句ずつ自選が載る。また、すこし前の記事で書いた月天の句誌(年1回)も自選である。これらはなぜ怖くないのか。それはきっと「みんなで渡れば怖くない」式の蛮勇なのかもしれない。とすると、俳句全般、みんなで遊ぶから怖くないのかもしれない。
[PR]
by tenki00 | 2005-04-29 01:02 | haiku

手帳

一時期、パソコンでばかり俳句をつくっていた。俳句関連のBBSでつくることも多かったから、いつのまにかそうなってしまった。だが、あるとき、俳句はやっぱ手書きでしょ、と思うようになり、パソコンでつくるのをなるべく避けるようにした。BBSに句を書き込んだり、メールで投句するときも、手で書いてつくってから入力する。ぜんぶがぜんぶというわけではないが、そうすることにした。

だから、このところ句をつくるときは手帳に書く。手帳はモレスキンデルフォニックスの2冊を使っている。何かの根拠を設定して使い分けているわけではない。なんとなくどちらかでつくる。

モレスキンは近年とみに人気で、このあいだの週末、親しいライター氏とお会いしたところ、彼ももこれをお持ちだった。メモ帳サイズなのにたしか1500円近い値段で、はっきり言って高い。しかしながら、革装の質感がじつに手に気持ちよい。デルフォニックスは、リング式なのに頑丈。使い勝手がいい。ミード(米国)のリングノートがえらく脆いのと大違い。使い切ったら、次の1冊はどちらを買おうか、どちらか一方に統一しようかとは思うが、どちらも捨てがたい。スタイル的には革装のモレスキンよりもカジュアルなデルフォニックスが好みだが、モレスキンも捨てがたい。ちなみに義妹は、モレスキンとデルフォニックスの両方を仕事で使っていて、その偶然に驚いた。気の合うことである。

手帳に凝ったからと言って、俳句がどんどん出来るわけではないのは当たり前だが、好きな手帳を使うと、俳句をつくるのもすこしは楽しくなる。遊びらしくなる。そういえば、キーボードを叩いて俳句をつくるというのは、なんだか仕事のようだし。俳句つくるのは、やっぱ手書きである。
[PR]
by tenki00 | 2005-04-28 23:17 | haiku

他選

という言葉があるのかどうか、あやしいが、つまり他人様の句を「選句」というのではなくて、いろいろと選ぶのは愉しいという話。

句誌「月天」がもうすぐ出るらしく、その制作を進めておられる紫野さんからゲラをちょいとだけ見せてもらう。紫野さんの10句20句をふむふむと拝読。おこがましくも、「コレやめて、アレ入れよう」などと、むちゃくちゃなことを申し上げる。紫野さんは鷹揚な方なので、「うるせえなあ」などとはおっしゃらずに、「なるほどなるほど」と懐深く対応。さて、紫野さんの10句20句だけでなく、刊行が楽しみだ。
[PR]
by tenki00 | 2005-04-27 11:58 | haiku

自選疲れ

というものがあるらしい。

といっても意味が通じにくいが、俳句はとっとことっとこ気ままにつくっているうちはそれほど疲れないが、自選という作業がそこに挟まると、どかんと疲れる。自分がつくった句とすこし冷静に向き合うことは、やはりエネルギーを要する。でもって、すこしばかり嫌な疲れ方をする。

毎月、麦の会への投句で7句+5句の自選のたびに消耗するわけだが、考えてみれば、そういう消耗が定期的にあるのはよいことなのだろう。でないと、奇妙な躁状態のまま、句をつくりつづけることになる(句をつくるのはなにがしかの躁がなければ、やってられない)。それを冷却する意味から、自選の作業が必要のようだ。

毎月の投句に加えて、3月は麦の会「収穫祭」への30句、毎日俳句大賞へ賞品目当ての2句、さらについ最近は、ひょんなことから投句してしまった20句。この春は予想外に自分の句をたくさん読むはめになり、どっと疲れた。

自分の句とうまく付き合うのは、とても難しい。めげてばかりでは遊びが続かないし、めげなければ、まるっきりのバカ。自分を処するのが難しいのと同等に、自分の句と付き合うのは難しい。
[PR]
by tenki00 | 2005-04-25 23:32 | haiku

尻のあたりに何が書いてある?

などという質問を重ねていたらしい。大真面目にせっぱ詰まった口調と表情で。

どうも、自分のからだを1冊の本に見立てていたらしい。高熱とは恐ろしいものだ。尻のあたりが「第8章」という感じか。仕事熱心というのではなく、哀しすぎる妄想である。

口をあけると、由季氏がなにやらあやしい薬を放り込んでくれた。祈祷は、まあついでのことで、べつに特別の文言があるわけではない。ともかく、おかげさまで熱は20~30時間でひき、きょうは元気に労働であります。

新しく始まる医学というか健康本の打ち合わせ。そんなものつくっとる場合か、もうすこし健康に気をつけよ、という話ではあるのだが、人間ふたり・猫1匹が食べていくためのシノギは続く。
[PR]
by tenki00 | 2005-04-25 11:58 | pastime

昨晩に高熱

で倒れ、、ベッドでうわごとを言いまくったらしい。かなりシュールな。

ひどい下痢を伴い、なんか伝染病の気分。

でも、月曜朝のゲラ戻しは動かないから、昼過ぎに起き出して労働。

月曜は別件でお医者さんと打ち合わせもある。診断してもらいたいが、そういうもんでもない。明日のこと、考えたくない。寝たいよー。
[PR]
by tenki00 | 2005-04-24 17:33 | pastime