カテゴリ:pastime( 624 )

比内鶏

大館からきりたんぽセットを送ってくれた生徒さんに、由季氏が御礼の携帯メール。その返信に、「あの鶏は親戚のおじいちゃんが飼っていたのを殺しました(顔文字)純粋な比内鶏に近いと思います」。

なるほど旨いわけだ。

というか、「殺しました」の5文字が際立つベリーナイスなメール文面である。
[PR]
by tenki00 | 2005-04-10 21:52 | pastime

万博展示館

の屋上でボヤ。

マンモスが燃えちゃう危険もあったらしい。
それはそれとして、ヘリコプターからの写真が気に入った。

えらくアートっぽい。d0022722_21918.jpg
Copyright (C) 1995-2005,The Chunichi Shimbun, All Rights Reserved.

[PR]
by tenki00 | 2005-04-10 02:19 | pastime

大館

から、きりたんぽと比内鶏が届いた。

由季氏の生徒さんが故郷の大館に帰り、そこから送ってくれたのだ。由季氏の両親を招いて、四人できりたんぽ鍋を食す。きりたんぽは、こちらで買うとのはまるっきり違う。お米が違うのか手作りはやはり違うのか。まず鍋に入るまえから香りが違う。食すると違う。比内鶏もそのお出汁も絶句するくらいに旨い。

昼間は、私の母から贈り物が届いた。大館曲げわっぱの米櫃である。配送のダンボールを開けたとたんに、(曲げわっぱはまだ箱に入っているにもかかわらず)杉の香りが広がる。

大館には、由季氏も私も行ったことはないが、偶然にも、幸せに大館だらけの土曜日となったのであった。
[PR]
by tenki00 | 2005-04-10 00:25 | pastime

桜満開

である。

花の昼。くにたちの大学通り、そして桜通りを、由季氏、アルバイトのハギッチ(私が勝手にこう呼んでいる。ユーゴ風に「ッチ」で終わる通称は私の中の伝統である。ナカムラッチ、アソオッチ。彼ら、元気で暮らしているだろうか)と3人、クルマからの観桜である。視界の左右に桜並木が後ろへ後ろへと流れていく大学通り、桜のアーチの真ん中をくぐっていく桜通り。歩くのとはまた違った風趣がある。

さて昼ご飯。せっかくだから公園ででも食べようと、弁当屋で弁当を買う。私が知っている弁当屋チェーンのイメージはずいぶん昔のもので、いまどきは総菜なども豊富に揃い、なかなかに美味しそうだ。それに値段が安い。3名とも初めて出かけた遊園地のようにワクワクと弁当を選ぶ。

公園では、赤ん坊や幼児を連れたおかあさんたち(別名おばはんたち)が群れなし、ビニール紐を張りめぐらしている。幸い宴会はまだ始まっていないが、なんだ、これは。ベンチ3基込みで囲い込むか? おまえら、無敵だな、じつに。

小さなビニールシートに爺ちゃんたちが5、6人。車座の中央を見ると日本酒のほかはツマミがほんの少しだけ。ある意味、正しい花見スタイルだ。

おばはんたちの囲い込みをまぬがれたベンチに坐った。風が少し強くなり、花びらが一枚風に流され、私のチキン竜田揚げの上にぺたりと落ちた。まことに嬉しく、花びらごとパクリである。

ううん、いい昼だ。
[PR]
by tenki00 | 2005-04-08 23:53 | pastime