カテゴリ:pastime( 624 )

観くらべ 第9番 ベトナムvsタイ

予約したDVDをTSUTAYAが2本ずつ郵送で送ってくれるサービス。その2本に勝ち負けを付けるという、ヘンテコリンなシリーズの第9弾。

2本がどんな組み合わせになるかは偶然なのですが、比較の軸ができたりするから、世の中おもしろい、偶然がおもしろい。

今回は、オリエンタリズムの2本です。


グッドモーニング, ベトナム (バリー・レヴィンソン監督/1987年)

右 勝
ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える (トッド・フィリップス監督/2011年)


「グッドモーニング, ベトナム」の舞台は1965年のサイゴン。アメリカ兵士向けのラジオ放送局に人気DJとして赴任してきた主人公(ロビン・ウィリアムズ)の活躍ほかいろいろを描くハート・ウォーミングな戦地もの、って言っていいのだろう。ロビン・ウィリアムズが主役という時点で、上官とぶつかったり(アメリカ的独立独歩の個人)、現地のベトナムの人々と触れ合ったり(偏見のない鷹揚な心)、という、筋書きやテイストは見える。

監督は、「ナチュラル」(1984年)、「レインマン」 (1988年)など名作をモノにした人。近年の「バンディッツ」(2001年)、「トラブル・イン・ハリウッド」(2008年)もわりあい好きましたよ。

いい感じの映画です。手堅いし。


「ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える」は、このあいだ観た「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」の続篇。

結婚直前の独身パーティーに男友達4名で繰り出すという物語の骨子は前作と同様。今回はフィアンセの実家、タイへ出かける。

前作の踏襲を随所にうまくちりばめているところが愉しい(男というもの、懲りずに繰り返しバカをやるということだ)。


で、この2作。「グッドモーニング, ベトナム」は、どうしても「優等生映画」っぽさが拭えない。「ハングオーバー!!~」は、「(欧米にとっての)異文化」モノにありがちな臭みがない。笑える。

東洋にどう向き合うかという点で、東洋人女性(個人)に惚れるという異文化体験の導入は、2作に共通。前者は、アメリカ=庇護者/侵略者というジレンマに、善良でリベラルな主人公は悩み、結局はネガティブな結末。後者は、異文化のワケのわからなさに、ただただ翻弄され、なんだかんだの末のハッピーエンド。

前者。強国アメリカ、自由を守る国アメリカのジレンマを、こういうかたちで伝えられても、こっちとしては「知らんがな」という部分もあり。

「ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える」のバカさのほうが、むしろ世界平和に寄与するだろう。

よって、こっちの勝ち。

タイの秀才クン(花嫁の弟)が、乱痴気騒ぎのドサクサで指を1本落としちゃった。彼は将来を嘱望される名外科医のタマゴだからして、それ、困るでしょ? なのに、「なんだかとても愉しかった!」とのたまう。そこのところに、この世の「どうしようもなくダメなんだけど、なんかいいんだよなぁ」な成分が詰まっている気がしたですよ。

d0022722_17321418.jpg

[PR]
by tenki00 | 2012-03-21 20:00 | pastime

誠実 vs 自己インフレ

その晩、結局、最後まで視聴してしまった「上杉隆 VS 町山智浩」のニコ生放送。
http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20120314

へぇそうだったのかという意外な事実などまったくなく、町山智浩と人が、誠実で、おちゃめで、ものごとをよく考える人(これって最上の人材・人格とうことか?)ということが再確認できただけだった。

それにしても、ふだんからいいかげんで、その場しのぎの虚言の多い人というのは、それが単に性格から来ているのか、それともなにか邪悪な意図があるのか。よくわからない。自己肥大(自我インフレ)は、そのどちらもに跨った領域なのだろうけど。

対照として考えれば、みずからの美点・資質を他人のために(少しの余裕を確保しつつ)生かそうとする態度(公共のだいじな要素)と、なけなしの美点・資質をみずからのために使いきってカツカツ。そこには当然ながら、とてつもなく大きな差があるなあ、と。


[PR]
by tenki00 | 2012-03-16 13:00 | pastime

観くらべ 第8番 人として

予約したDVDをTSUTAYAが2本ずつ郵送で送ってくれるサービス。その2本に勝ち負けを付けるという、ヘンテコリンなシリーズの第8弾。

左持

二十日鼠と人間 (ゲイリー・シニーズ監督/1992年)



ニュースの天才 (ビリー・レイ監督/2003年)


「二十日鼠と人間」はスタインベックの同名小説(Of Mice and Men)の映画化。農場で働く季節労働者のコンビ。かたわれの知的障害者を演じるジョン・マルコヴィッチは上手。観客に答えではなく問いを投げて寄越す映画。農村風景が美しい。と、まあ、すべてがちゃんとしている。

「ニュースの天才」は、米国の一流雑誌の若い記者が、功名心から記事を捏造する、その顛末。実話を忠実にたどったっぽく、観ていてリアル。

3.11以降、ジャーナリストが善意か悪意か、意識的には無意識にか、デマを流すという事実をいろいろなかたちで目にした。その流れで、どなたかがこの映画を紹介していた。

この2本、普通に考えれば、佳品としてどこでも通用する左(鼠~)勝となるが、あまりにきちんと正しい作りで、となると、ちょっとひねくれたくなる。

「ニュース~」は手堅く見せて、じゅうぶんに楽しめるが(随所に上手)、「ほぉ~」と感心する箇所はあまりない。よって引き分け。


しかし、なんですな、誠実に心優しく、また高潔に生きている貧しい2人が(フィクションとはいえ)なんともやるせない悲劇的結末を迎え、一方、大学出の、しょうもない野心家がクソみたいなことやらかしても(こちらは実話)、破滅もなく(きっとそこそこ裕福に)暮らしていける、というのは、やりきれませんな。それが世の中、とはいえ、ね。





記事捏造とは少し違うが、3.11以降のデマ(大量)についてのまとめ
http://matome.naver.jp/odai/2133138688231910701


[PR]
by tenki00 | 2012-03-11 20:00 | pastime

キース・リチャーズ死亡デマ

大がかりな仕掛けだったようで。≫http://www.tana250.com/?p=5038

せっかくだからストーンズを聴こうかと。


[PR]
by tenki00 | 2012-03-09 20:22 | pastime

「J・エドガー」と「ドラゴン・タトゥーの女」

最近(というか、このところ)観た映画2本について。

J・エドガー (クリント・イーストウッド監督/2011年)

FBI長官のジョン・エドガー・フーヴァー)の伝記映画。ポイントは、おじいさんとおじいさんのBL(ボーイズラヴ)。副長官クライド・トルソン演じる、とんでもなく美しい男、アーミー・ハマーと、「美しい男」としての勝負からは降りた感のあるレオナルド・ディカプリオの絡みは、役が老いるほどリアル(特殊メイクやりすぎ?)。

観ていておもしろくないわけでは全然ないものの、「いまひとつ」感は、ひとつには私ども日本人にはフーヴァー長官の神話性が希薄なこと、もうひとつには、つい2~3年前に「グラン・トリノ」「インビクタス/負けざる者たち」という神がかり的名作2連チャンを放ったイーストウッド監督の、「ヒアアフター」を挟んでの新作ということで、期待のハードルがすごく上がってしまっていたこと。

地震・津波のせいで上映期間が短かったこともあって見逃した「ヒアアフター」はDVDで借りることにします。


ドラゴン・タトゥーの女 (デヴィッド・フィンチャー監督/2011年)

おもしろかった。導入の「移民の歌」で、もう気分は高まりまくりでした。でも、「これをここでそんなにじっくり展開するか?」という箇所もあって、ちょっと長い(158分)。

ルーニー・マーラは、フィンチャー監督前作の「ソーシャル・ネットワーク」で主人公の恋人役だった女優なのですね。同じ人とは思えない。すごい。

竜のタトゥーだわ精神病院経験はあるわの、ややこしい感じの、このヒロイン像、かなり魅力的で、しかし、結局、ものすごく「仕事ができる人」ということで、こんなに情報処理能力の高い23歳なら、どの企業も欲しいだろうなあ、と。

ミステリーなのですが、「ダ・イ・ド・ン・デ・ン・ガ・エ・シ~!」という広告の打ち方もしていないし、映画もそうではない(ドヤ顔がない)。映画で「どんでん返し」を売りにすると、だいたい不評を買う。ひねくれた客は多い(ミステリーファンとか特に)、「え? ラスト、予想つくでしょ?」と鼻で嗤われるパターン(「シャッター・アイランド」が典型例)。「展開が見えた」と、鬼の首でも取ったかのように言う人は多いから。

それと余談というか一般的な話だが、このところのアクション映画やミステリー映画を観ていて思うのは、「ハッカー最強」あるいは「何かやるのにハッカー不可欠」ということ。実際にそんなに全能のハッカーなんているのでしょうか?とも思うが、とにかくハッカーなくては、何も事が運ばない。現実世界がそれくらいサイバー化しているのかもしれません。


それでは、あえてオリジナルの「移民の歌」を。


[PR]
by tenki00 | 2012-03-08 20:00 | pastime

観くらべ 第7番 いくたりかをのこの寄れば

予約したDVDをTSUTAYAが2本ずつ郵送で送ってくれるサービス。その2本に勝ち負けを付けるという、きわめて微妙なシリーズの第7弾。今回は、男が何人か集まれば、という2本。


サンダーボルト (マイケル・チミノ監督/1974年)

右 勝
ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い (トッド・フィリップス監督/2009年)


「サンダーボルト」を予約したのは、ジェフ・ブリッジズつながりか、クリント・イーストウッドつながりか。今となっては忘れた。

プロの泥棒(クリント・イーストウッド)に、アマチュアの悪党あんちゃん(ジェフ・ブリッジズ。若い!)が弟分のようにつきまとい、そこに敵対していた昔の仲間も加わり、金庫破りに、という筋。「この人、死んで終わるんだろうな」という登場人物が予想したとおり死んでいく。ほろ苦く、感傷的な悪漢映画。

「ハングオーバー!」は、結婚直前の儀式・独身パーティーにラスベガスに出かけた男友だち4人が、酒とイケナイ薬で前後不覚、前夜の乱痴気騒ぎを誰も何も覚えていない、という、ちょっと面白い(ニッチ的?)設定。これ、アメリカ的祝祭(ハレ)とも言える。何がいいって、一瞬一瞬のバカさ、切なさ(=刹那さ)が、なんか知らんが、胸に届く。

この監督は、「スタスキー&ハッチ」(ベン・スティラーとオーウェン・ウィルソン)の監督なんですね。


前者、違法行為・犯罪者。この刹那感は、70年代以降のアメリカ映画でお馴染み。後者、シトウト衆がハメをはずして、事態はムチャクチャになる。親近感のある刹那感。いま見ると、後者のほうが、より楽しめるかな、と。


  いくたりかをのこの寄れば春の歌  tenki


d0022722_0515841.jpg

[PR]
by tenki00 | 2012-03-05 20:00 | pastime

観くらべ 第6番 家臣vs歌手

予約したDVDをTSUTAYAが2本ずつ郵送で送ってくれるサービス。その2本に勝ち負けを付けるという、ミョウチキリンなシリーズの第6弾。


左 勝
隠し砦の三悪人 (黒澤明監督/1958年)


クレイジー・ハート (スコット・クーパー監督/2009年)


三船敏郎の顔が画面のまんなかにどーんと映るだけで「映画ー!」という感じがするから、凄い。

ということで、左勝なわけですが、名画の誉れ高い「隠し砦の三悪人」はしかし、いま観るぶんには、しょうしょうキツいところもある映画です。特に、男まさりの雪姫(上原美佐)のセリフや動きが、誇張なのか熱演なのか、かなり浮いてます。いい映画も、古びるということがあるんだな、という気がしました。

「クレイジー・ハート」は、ジェフ・ブリッジズが観たくて借りたのだと思うのですが、落ち目のカントリー歌手がなんやかんやあって立ち直るという、それがかなり普通に(突出したところなく)描かれていて、そうとう平凡な出来映えです。カントリーミュージックを聴くとあくびが止まらなくなるという人は、途中で観るのをやめるでしょう。


それにしても今回の2本は、奇妙な組み合わせ。宅配型・映画レンタルの醍醐味です。


d0022722_15355370.jpg
[PR]
by tenki00 | 2012-03-01 20:00 | pastime

まだかわいかった頃

スピカの座談会(上田信治さんといっしょにお邪魔している)
http://spica819.main.jp/yomiau

ピー(猫)がやたら目立っている

ということで、ピーがまだかわいかった頃の写真。
d0022722_17292213.jpg
d0022722_1729359.jpg

[PR]
by tenki00 | 2012-02-26 10:00 | pastime

聞き比べ:嘘は罪

そのまま眠ってしまいそうな、ジ・インク・スポッツの「It's a Sin to Tell a Lie」。途中(1分11秒~)、語りになります。




スティーヴ・グッドマン。




スティーヴ・グッドマンのレコード版(スタジオ録音版)。のほほん感が薄まり、スゲエ!感、スィング感が増す。


[PR]
by tenki00 | 2012-02-25 19:00 | pastime

エタ・ジェームズ逝く

エタ・ジェームズが先月、2012年1月20日に亡くなったことを知ったのは、最近になってから。

たくさんアルバムを出している人で、たくさん持っているなかでいちばん好きなのが、「ディープ・イン・ザ・ナイト」。1978年に出たアルバムで、これを最初に聞き、惚れ込んで、遡って聞いていった。



合掌。
[PR]
by tenki00 | 2012-02-21 20:00 | pastime