カテゴリ:pastime( 624 )

観くらべ 第12番 歴史

予約したDVDをTSUTAYAが2本ずつ郵送で送ってくれるサービス。その2本に勝ち負けを付けるという、ヘンテコリンなシリーズの第12弾。

左 持
クロッシング・ザ・ブリッジ サウンド・オブ・イスタンブール(ファティ・アキン監督/2005年)


ツリー・オブ・ライフ(テレンス・マリック監督/2011年)



「クロッシング・ザ・ブリッジ~」は「太陽に恋して」のロードムービー感が素晴らしく、「ソウル・キッチン」はまた、軽妙で素晴らしくて、そのうえ音楽が良かったファティ・アキン監督による音楽ドキュメンタリーということで、大いに期待して借りたが、ちょっと散漫。

アール・アバウト・トルコの今の音楽(もちろん伝統の上に成立)ということなのか、初めのパンクロックバンドは(個人的趣味の関係ではなく)要るか?とも思ってしまうし、演奏シーンのひとつひとつが意外にあっさりとした描写で、欲求不満も残る。

それでも、いくつかの伝統音楽(いかにもインスタンブールなものからロマまで含む)は圧巻。演奏技術の血肉化というか、音楽の肉体化というか、板についた感じが半端ではない。長くきちんと音楽をやってきた純然プロのかっこよさです。



一方、ツリー・オブ・ライフ(テレンス・マリック監督/2011年)は、去年の封切。ややこしい映画という風評を耳にして避けていましたが、《アメリカで最も有名な映画評論家ロジャー・イーバートが選ぶ史上ベスト映画10選》に、この映画が入っているのを見て、じゃあ、観てみましょうか、と。

いやあ、もう、めちゃくちゃヘンな映画でした。

英語の「life」という語は、日本語だと「人生」でもあり「生命」でもあり。この映画はタイトルどおりというか、人生ドラマかつ生命ドラマ。前者は男の子の父親との葛藤が軸、

前半の「生命ドラマ」は、イメージ映像の嵐。天体やらマグマ(?)やらクラゲやら、地球生命ン億年の歴史、てな趣向で、バックに宗教曲(キリスト教)が流れ続け、哲学的かつスピリシュアルかつポエミーな独白ナレーションがかぶさる。

前半は、クソ映画です。

腹が立つくらいつまらなくて、何度も観るのをやめようと思いましたが、倍速などを使いつつ、なんとか後半へ。ここでやっとポエムではなく物語になります。

ところが、この後半部分が、なんと、おもしろいのです。

とりわけ父親のアンビヴァレンスが、男の子の目を通して、うまく描かれている。それから、母親や弟の存在。さらには世の中の成り立ちへのいらだち、未来の時間に対する不安。それらの機微が、綺麗な絵を通して、しかし綺麗事ではなくエラく生々しく伝わる。

生命がどうたら、創造主がどうたらは、もういいから、こっちのドラマで、1本まるごと作ればいいんじゃないでしょうか。

ヘンな映画です。



左は、音楽に歴史あり。右は、家族に歴史あり、生命に歴史あり(いっしょにすんなよw)ということで、括りとしては歴史。

今回の奇妙な組み合わせの2本は、どちらも、好き・満足とは遠く、かといってダメ映画とも言い切れず、自分的には引き分けです。



[PR]
by tenki00 | 2012-06-12 22:00 | pastime

Facebookは、フェイスブックと言うだけあって、顔がやたらと並んでいる。これの、絵的な鬱陶しさウザさといったら、もう、インターネット史上最高、といっていいかもしれません。

(ご尊顔のそれぞれがどうこうという話ではなく、全景として、ね)

とは言いつつ、私は、一瞬しか見たことがありません(登録はしたものの、すぐに抜けた。余談ですが、アカウントを削除するのに、えらく手間がかかった。このへんはSNSの例の戦術)。

利用する予定はないのですが、上記がその理由ではなくて、俳号と実名という問題。つまり、俳句上のアイデンティティ(俳号にまつわるもの)と社会的アイデンティティとが分離している私のような者には、かなり使いにくいこのサービスなのです。

で、見た目の話に戻せば、これまでは「リアルの顔」とインターネット上のパーソナリティとは、必ずしも結びつかないような気がしていて、俳号なら俳号、ハンドルネームならそれで、ネット上で不便があるわけではない。署名だけ、というのは、ある意味、風通しの良さもあるわけです(各人が署名におて責任をもてば)。

ところが、フェイスブックというのは、自己(身分)証明として、署名以外にもさまざまなものを要求してくる。これは、かなり邪魔くさい。

ま、そんなこんなで、こうやってオールドスクールなブログを細々と続けているわけなのです。



[PR]
by tenki00 | 2012-06-10 22:00 | pastime

ラグビーに注目

サッカーワールドカップ・アジア予選がもうすぐ始まることもあって、サッカーに注目が集まっているが、じつは、いま、ラグビーの日本代表が、そうとうおもしろい。

ボールの展開が昔とぜんぜん違って、パスで展開しまくる(陣地取りのためのキックはほとんどない)。前の代表は外人がたくさん入っていたが、今はほとんどいない(自前のチーム)。エディー・ジョーンズという日本人の血が4分の1入ったオーストラリア人が今年から監督になり、この人が、なんともいい味を出している(≫画像)。

5月はアジア諸国と対戦して、どの試合も圧勝。6月はトンガ、サモア、フィジーとやる。苦戦あるいは惨敗だと思うが、テレビ中継はチェックしておきたい。

ラグビー日本代表のウェブサイト

これからの時期、サッカーもいいが、ラグビーもおもしろいぞ、と。


[PR]
by tenki00 | 2012-05-29 20:00 | pastime

地獄

5月某日。サヤマさんと根岸の飲み屋(とても美味しい洋食を出すカウンターだけの店)で、阿佐田哲也「麻雀放浪記」やら「ドサ健ばくち地獄」やらの話で盛り上がった。やがて妙齢の女性が加わり、別の話の流れから、彼女曰く、

「酒と煙草とギャンブルが、世の中でいちばん嫌い」。

サヤマさんと私は煙草をくゆらせながら、ふふふと笑うしかなかったですよ。


ちなみに、拙句集『けむり』には、麻雀の句が2句、入っています。


[PR]
by tenki00 | 2012-05-23 20:00 | pastime

勝新の映画『顔役』

ケーブルTVの映画放送の楽しみは、始まったプログラムがなんかだ気になって観ている内にチャンネルも換えず、結局最後まで観ちゃった、という偶々の出会いみたいなところがあって、先般も『顔役』という勝新太郎が1971年に製作・監督・脚本(菊島隆三と共同)・主演した警察vsヤクザ映画、これがとても風変わりな映画で、「なんだ?なんだ?」と興味を引かれつつ、とうとう最後まで観ちゃいました。

どこが風変わりかというと、まず、冒頭、クレジットを乗せたバクチ・シーンの音と映像がエラくリアル。手ホンビキというディープなゲームで、札を叩く音など、このシーンへの異常なほどの執着ぶりが伝わるようなハイフィデリティなサウンド。バクチを打っている人たちもリアル(調べてみると、ヤクザとストリッパーは本職も出演しているとのこと。ううむ。勝新太郎らしいといえばらしい)

その後も、極端なクローズアップやら、鏡像の多用やら、いわゆる「絵」的な部分でチャレンジしまくっていて、油断がならない。部分部分がそこそこスタイリッシュ。けれどもスゲー!というほどの成功は感じない。

ストーリーは、銀行の不正融資がらみで甘い汁を吸おうとする暴力団とそこに割って入る別の組の抗争を主軸に、不良刑事のおもむきの主役・勝新太郎が絡む。「顔役」とは、政界にいるはずの黒幕のこと。そこから捜査に圧力がかかり、現場の刑事が臍を噛む。といっても、この顔役が誰かといったミステリー的要素はほとんどない。

まあ、スートリーがどうこうという映画ではなくて、何が魅力かというと、勝新太郎の肉体、というか体臭がつまっている感じですかね。前述の「絵」的チャレンジも含め、作り手・勝新のエネルギーが高いテンションで伝わってくる。

それと、この頃の街の感じ。制作年の1971年。ああ、70年代って、こんなふうに始まったんだなあ、という懐かしい気分にもなりました。藤田敏八監督『八月の濡れた砂』などとほぼ同時期の映画ですね。

なお、この『顔役』、DVD化されていない模様で、だとすると、ケーブルTVで観られたのはラッキーでした。


↓資料スチル? 映画はモノクロではなくカラー作品です。
d0022722_23185459.jpg

d0022722_23191271.jpg

d0022722_1043023.jpg

[PR]
by tenki00 | 2012-05-03 20:00 | pastime

観くらべ 第11番 彷徨

予約したDVDをTSUTAYAが2本ずつ郵送で送ってくれるサービス。その2本に勝ち負けを付けるという、ヘンテコリンなシリーズの第11弾。


『ハロルドとモード 少年は虹を渡る』(ハル・アシュビー監督/1971)

右 勝
『さすらい』(ヴィム・ヴェンダース監督/1976年)



ひゃあ~70年代っぽい!というのが『ハロルドとモード~』を見始めてすぐの感想。画面やエピソードがポエミーなところ、主人公の若者がちょっと虚無的でデカダンな雰囲気なところ。70年代って、こういう感じ、あったよなあ、と。

自殺、というより死に対して異常な関心をもつ金持ちのボンボン(大学中退後、家でぶらぶらしている)と、エラくアクティヴな80歳のおばあちゃんの交情を描く。ボンボンの感情は交情を取り越して恋、さらに結婚まで望むというのは、ちょっと無理がある、というよりは、ストーリーとして、やりすぎ感。

前提をひっくり返して自由気ままに暮らすじいさんとの交情のほうが、ふつうにポエティックな映画になったと思うが、なんで、年の差(50歳以上)カップルにしちゃったのだろう。



『さすらい』は、176分と長尺。長い映画のなかには、「ああ、もっと続け! 終わらなくていい!」と思うような素晴らしい映画、その長さこそが快感であるような映画がある。例えば、『EUREKA』(青山真治監督/2000年)は217分、『ヤンヤン 夏の想い出』(エドワード・ヤン監督/2000年)は173分。

この『さすらい』。びっくりしました。最高です。

典型的なロードムーヴィー(流行りましたよね)なのですが、もう、どこをとっても最高に大好きとしか言いようがありません。

筋は紹介しません。きほん、行き場のない男ふたりの放浪、彷徨。オールドメディア(新聞・活字)とニューメディア(映画・映像)といった対照も副次的に鳴っている映画ですが、そんなことはそれほど重要ではなく、映画というのは光だよなあ、時間だよなあ、という、もう愉楽・愉楽の3時間弱でございます。

見逃してたんですねえ、これまで。ちなみにヴィム・ヴェンダースは、『ベルリン・天使の詩』が好き、『パリス・テキサス』は前半が好き、後半つまらない、というのが私の感想(好み)。


迷わず、右勝。

この期に及んで、こんな大好き映画が見つかるとは! という感じです。

なお、『ハロルドとモード~』は、魂の彷徨と捉えることもできましょうが、どうにも納得の行かない映画です。

d0022722_1123074.jpg

[PR]
by tenki00 | 2012-04-21 11:27 | pastime

タイプライター

ウラハイにタイプライターのコンピレーション

ジェリー・ルイスのも貼っておきましょう。『底抜けオットあぶない』(フランク・タシュリン監督/1963年)の中の一シーン。


[PR]
by tenki00 | 2012-04-11 12:48 | pastime

タイガース暮らし

ブログというもののありがたさをいちばん感じるのは、以下のような阪神タイガースのファンブログ。

自称阪神タイガース評論家

王道評論。惨敗の翌日、癒し効果大なることも特筆事項。

今年の阪神はやらかす!!

ネタ視点の愉楽。

阪神守護天使・今日のおちちゃん

かわいい。

日刊オォスポ

かわいい・その2。


この4つで、私のタイガース暮らしは満ち足りる。


[PR]
by tenki00 | 2012-04-07 12:15 | pastime

観くらべ 第10番 現代アートvsビデオゲーム

予約したDVDをTSUTAYAが2本ずつ郵送で送ってくれるサービス。その2本に勝ち負けを付けるという、ヘンテコリンなシリーズの第10弾。

映画は古いメディアです。なにしろキネトスコープ(エジソン)、シネマトグラフ(リュミエール兄弟)の発明は19世紀末。「月世界旅行」(ジョルジュ・メリエス監督)は1902年。長い長い歴史があるんですね。

ところが、世の中には新しいメディア、新しい風俗・文化も次々生まれる。今回の2本は、その意味で、新しい事物、20世紀終わりの事物を扱った2本。1本はグラフィティ・アート、1本はゲーム。

左 勝
イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ (バンクシー監督/2010年)


スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団 (エドガー・ライト監督/2010年)

イグジット・スルー・ザ・ギフトショップは、グラフィティアートを世界各地でゲリラ的に展開する覆面アーティスト、バンクシーによるドキュメンタリー映画。ストリートアートの追っかけをやってるフランス人のおっちゃん(ティエリー・グエッタ)が撮り溜めた厖大なビデオ。「編集して映画にしてみたら?」と奨めたら、クソのようなシロモノが出来上がり、「しゃあないなあ、もう」とバンクシー自身がその素材を元に映画に仕上げる。一方、ティエリー・グエッタは、自身が即席「アーティスト」になって個展を開き……という筋書きは、まさに「事実は小説よりも奇なり」の世界。

おもしろかった!

現代アートにまつわる薄っぺらに俗な事柄を、テンポよく軽妙にアイロニカルに、そして温かく。

バンクシーという人にダンディズムさえ感じてしまった。

余談だが、ティエリー・グエッタの幼少(少年)の頃のかわいらしいこと! それがなんでこんな不細工なオッサンになってしまうのか! フランス男性の宿命? 否、考えてみれば日本人だって、「子どもの頃はあんなにかわいらしかったのに、なんで?」というオッサンは数多いから、これはまあ「時間は残酷」というだけの話か。



スコット・ピルグリム~は、ショーン・オブ・ザ・デッド(2004年)、ホット・ファズ(2007年)がたまらなく面白かったエドガー・ライト監督の新作ということで借りたのですが、つまらなかった。

この映画が下敷きにしているビデオゲーム? 正しい呼称がわかりませんが、格闘ゲームとかロールプレイングゲーム? これらにまったく馴染みがなく経験がないので、ついていけませんでした。また、いわゆる「オタク」文化についてまったく不案内。

というわけで世代ギャップ。もう時代についていけなくなっている自分を感じた。

なお、原題は「Scott Pilgrim vs. the World」。これって「セカイ系」ということですよね。よく知らんけど。



ビデオゲームみたいな映画が多くなっている。スコット・ピルグリム~ははっきりと下敷きにしているわけだが、そうではなくても、CG多用の映画は多い。個人的な好みでいえば、映画は、古い歴史的な風味・風合いを残してほしい。イグジット~は、ドキュメンタリーということもあるが、映画伝統的な良さのある映画と思いましたですよ。


d0022722_1613089.jpg

[PR]
by tenki00 | 2012-04-03 20:00 | pastime

聞きくらべ Fooled Around And Fell In Love 

ウラハイに「fool」関連のことを書いたついでに、Fooled Around And Fell In Love。1975年、エルヴィン・ビショップ33歳のヒット曲を聞きくらべ。2つともエルヴィン・ビショップですが、経年変化、ということで。

まずはスタジオ録音。ああ、ほんとよく出来たロカバラッド。



次は、年とって(60歳くらい?)、立ちっぱなしは疲れるから坐ってやるわ、ってなかんじのライブ演奏。自分で歌いもしない、という横着が素敵です。


[PR]
by tenki00 | 2012-04-01 12:54 | pastime