カテゴリ:book( 2 )

残念博士が面白かった

瀬尾反人『残念博士』第1巻(2011年12月/角川書店)。ギャグマンガなのですが、とても面白かった。

主人公(ボケ)と助手(ツッコミ)が軸としてあって、そこに多様なボケがからむ。

要素的には、いまどきのお笑い(漫才やコント)に近いとも言えて、そう言ってしまうとつまらなそうに聞こえるかもしれないが、笑いの自由度は高い。つまりテレビのようにぬるくない。

こういうものって、好き嫌いや趣味に大きく左右される。私にはフィットしました。

ふだんマンガをほとんど読まないのに、なんでこんな本を読んだのかといえば、知人のお嬢さんの御友人の本が出たということで、購入してみた。人の縁で出会ったというわけで、そんなことがないと、知ることもないし、読むこともなかったでしょう。ラッキーです。

d0022722_9591535.jpg
[PR]
by tenki00 | 2011-12-10 09:59 | book

徳永政二フォト句集1『カーブ』

徳永政二フォト句集1『カーブ』は、徳永政二の川柳と藤田めぐみの写真による1冊。俳句でよくある、写真が句の説明に、句が写真の説明になってしまった悲惨な共倒れパターンとは一線を画し、並べられた句と写真は、きちんと距離がとれているので、安心してページがめくれる。

  空を押すように金魚の浮くように  徳永政二

  こころとはどんなものかと石段を  同

  弟がしじみになってあらわれる  同


藤田めぐみさんの写真は、以前、ウェブで見て(≫http://megmego.com/)、いいなあと思っていたので、紙で見られたのがうれしい。

版元のあざみエージェントのウェブはこちら≫http://azamiagent.com/

d0022722_1281490.jpg

[PR]
by tenki00 | 2011-11-26 10:00 | book