カテゴリ:etc( 42 )

3日後は、けむパ

案内状、送付の洩れ(私の落ち度)に、今になって気づき、
たいへんめげています。
日曜日、どなたさまも、気が向いたら、お出かけください。

お知らせ(過去記事)

後楽園は紅葉が見頃。少し早めで庭を散策もオススメです。
(300円・入園は午後4時30分まで)

いろいろな方にお会いできるのが楽しみです。

〔関連過去記事〕 けむリンク 『けむり』の造本


[PR]
by tenki00 | 2011-12-08 18:00 | etc

『塵風』第4号、出来たそうです

『塵風』第4号、まだ見ていませんが、目次が洩れ伝わってきました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
総ページ数 136頁
定価 800円

多摩の俳諧 斉田仁
特集 酒
 したしたした 金子彩
 痛飲の思想 酒歌十首なんか返歌と問ふ気分 佐山哲郎
 歌舞伎と酒 古井戸秀夫
 浮遊する方位 つげ義春漫画と〈酒〉的場所 久保隆
 『東京暮色』の中の酒 仁平勝
 わたしの新宿1959-1963 上野昻志
 商店図譜 居酒屋 村上健
 同人エッセイ

乱歩論抄 宇野亞喜良

松山巖インタビュー 震災・原発・都市・言葉・文明
  聞き手:関悦史

吹毛集 同人句集

啞々砂この一句 啞々砂
季語の動物たち【参】鯨 笠井亞子

『塵風三号』読後評 太田うさぎ
句集を読む『黄金の街』仕掛けと含羞 村田篠
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お問い合わせは、yutenji50@gmail.com まで。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私は、吹毛集に「ルビを振る」10句を載せてもらってます。

俳誌と言いながら、俳句がらみじゃない記事が充実しているのは、これまでどおり。
執筆陣、豪華。
表紙(鬼海弘雄写真・北村宗介題字)は、見てのお楽しみ。


[PR]
by tenki00 | 2011-12-07 20:00 | etc

けむりのパーティー

句集『けむり』のパーティーがあります。私としてはとてもおこがましいことですが、発起人(斉田仁、佐山哲郎、菊田一平、上田信治、長谷川裕各氏)のお心遣いであります。

どなた様もご遠慮なくどうぞ。遠方の方も、もしかしたら「ちょうど、東京に行く用事がある」ということがあるやも。どうぞお気軽にお越しください。

2011年12月11日(日)17:00〜
場所:後楽園涵徳亭
(JR総武線・飯田橋駅東口下車徒歩8分/地下鉄飯田橋駅からもほぼ同様)
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/access030.html
会費 4,000円(学生2,000円)

d0022722_86328.jpg








なお、『けむり』ご所望の方は、tenki.saibara@gmail.comまで。

あるいは、西田書店ウェブサイト


[PR]
by tenki00 | 2011-11-30 19:00 | etc

くにたち句会11月のお知らせ

2011年11月27日(日) 14:00 国立駅南口集合
句会場所:キャットフィッシュ
http://r.tabelog.com/tokyo/A1325/A132503/13087692/dtlmap/

席題 10題程度

よろしければ句会後の飲食も。

はじめての方もひさしぶりの方も御常連さまも、よろしくどうぞ。


(資料映像)d0022722_138613.jpg
[PR]
by tenki00 | 2011-11-22 22:00 | etc

句会中止のお知らせ

すみません。

10月30日(日)のくにたち句会、中止にさせてください。

11月はきっとやります。




[PR]
by tenki00 | 2011-10-26 19:44 | etc

『けむり』の造本

手に取られた方はご存じのように、句集『けむり』の造本は、とても変わっています。

背表紙がなく(実は表紙もないのすが)、16頁ずつの束(つか)の折がむきだしになっています。これ、和綴に見えるかもしれませんが、そうではなくて、上製本(硬い表紙とかのやつね)の中身、と考えていただけばよいかと思います。

紙の束を糊で合わせて、さらに硬い紙(表紙・背表紙・裏表紙)で挟み込む。背表紙と束のあいだは「花ぎれ」という布が介在しています。紙の束を挟み込むので、ノド(見開きの中央部分)がたわむ。

ところが『けむり』には表紙も背表紙おないので、パカっと開きます。16頁のまんなかの見開きは、糸が見えたりする。この糸、ふつうは見えませんから、白。でも、「見えるんだから」ということでグリーンの糸を選んでいただきました。

説明すると、ややこしいけれど、つまり筋肉に皮膚がなくて、腰巻(本の帯)が付いているという感じでしょうか。

この帯は、なんなら、はずしていただくのもよいですね。



この造本のアイデアは、西田書店のヒダカさんから出たもの。ヒダカさんに感謝です。

はい、西田書店のリンクです。感謝のしるし。
西田書店のページ:購入の場合はこちらから


原稿があがって、さて、本にしようということで、装幀の六番町姐さん(「はがきハイク」の相方)とヒダカさんと3人で何度か打ち合わせました。当初は「ふつう」の本という外観でしたが、「自費出版なんだから、書店で流通しているような外観ではなく」という私の希望を聞いたヒダカさんが、「それじゃ、こんなのは?」と出してくれたアイデアなのでした。で、それを、六番町姐さんが仕上げてくれた、というわけです。

で、人から言われて気づいたのですが、「あとがき」の日付が、なんと「6月」。10月に出る本としては早すぎる。これ、事実、あとがきを書いたのが6月。

こう書くと、ずいぶん、練り上げられた造本、装幀、みたいに聞こえるかもしれませんが、打ち合わせは数度、決まるまでがのんびりしていただけで。

ちなみに句稿は、6月どころか、今年の2月あたりにほぼまとまり、栞文の依頼も済ましていました。そこに、あの「3.11」です。句集どころじゃないだろ、ということで凍結に入ったわけです。

まあ、そんなこんなで。



『けむり』は、表紙~背表紙がないので、おそらく強度はないです(だから、書店などの流通には乗らない)。そのうち束ごとにバラバラになってしまうかもしれません。

まあ、それも良し、と。

六番町姐さんによれば、「バラバラどころか、一定時間が過ぎたら、煙になって消えてしまう仕掛けをほどこした」とのこと。「スパイ大作戦」の冒頭かよ!

実際どうなるかは知りませんが、それは素敵な仕掛けだ、と思いますよ。

吹けば飛ぶような句、読んでくださる方の目の前から数秒で消えてしまうような句、が、著者(私)の狙いですから。



[PR]
by tenki00 | 2011-10-24 19:00 | etc

くにたち句会(10月)のお知らせ

10月30日(日) 14:00 JR国立駅南口
句会場所:キャットフィッシュ(予定)

10題程度の席題。よろしければ句会後の飲食も。

初めての方も久しぶりの方もご常連さんも、よろしくどうぞ。


[PR]
by tenki00 | 2011-10-22 10:55 | etc

くにたち句会(9月)のお知らせ

再。

9月25日(日) 14:00 JR国立駅南口集合。
句会場所:キャットフィッシュ (確定です)
http://r.tabelog.com/tokyo/A1325/A132503/13087692/

席題10題程度。

初めての方も久しぶりも方も御常連様も、どなたもお気軽に。


[PR]
by tenki00 | 2011-09-23 00:49 | etc

くにたち句会(9月)のお知らせ

9月25日(日) 14:00 JR国立駅南口集合。
句会場所:キャットフィッシュ(予定) 確定したら、また告知します。

席題10題程度。

初めての方も久しぶりも方も御常連様も、どなたもお気軽に。



[PR]
by tenki00 | 2011-09-19 12:00 | etc

6月のくにたち句会

6月26日(日) 14:00 JR国立駅南口 集合
句会場所 (予定では)いつものキャットフィッシュ

席題10題程度。

初めての方もひさしぶりの方も常連の方も、ご遠慮なく。

句会後、時間がおありでしたら、拙宅での飲食も(会費アリ)

ではでは。




[PR]
by tenki00 | 2011-06-20 19:19 | etc