春菊

由季氏が台所で春菊を茹でている。それはいいのだが、やたら真剣な目、こんな真剣な目、見たことないくらいに真剣な目で鍋を見つめ、ときおり菜箸を鍋に突っ込む。不振な行動。

聞いてみると、春菊は、義父が菜園(近くの農家の畑の一画を借りている)でつくったもので、無農薬だから虫がいる、それで目を凝らして虫を探索していたのだった。

虫くらい、いっしょに食べちまうから、いい加減でいいよ~。
[PR]
by tenki00 | 2005-06-13 19:59 | pastime
<< 書くことが見つからないときは晩餉の話 好き句60 東人 >>