俳句漫遊記159 太田トラ?

白鳥を見る将軍の臀部かな  東人

この将軍は、坐っているのだと思う。戦のさなか、とも思った。

人を食ったような、さらに言えば「俳句」を喰ったような、東人さんの句の、私はむかしからのファンであるらしい。

掲句は『月天』第10号(2007-08) 「ブリキ屋」20句より。ほかに、こんな句も。

橋梁に嫌ひな虫が這つてゐる

ヘルパーさん野菊のやうな文字を書き

消火器を倒さうとする子猫かな

春の山太田トラなる仲居ゐて

[PR]
by tenki00 | 2008-10-24 02:20 | haiku-manyuuki
<< それ、ほんと? あの「豈weekly」で、ここ... >>