星野監督就任拒否運動

http://blog.goo.ne.jp/f_azzurri/e/895e33d86e8ec57e23f5e1422b2a1dec

賛同、ってことで。

「ネガティヴ・ドラゴンズ」さんのおっしゃること、いちいち、ごもっとも。

 

参考
http://plaza.rakuten.co.jp/hirakawadesu/diary/200808220000/
親分肌で、人情家で、常識家。根性を身体で現すといった触れ込みの人だと思うが、そしてそのどれもが、本物なら素晴らしいことだと思うが、おれにはそのどれもが、なけなしの身銭を切っているようには見えないのである。確かにそういう現場にいたときはあっただろう。しかし、今はどこか財界御用達の定番の定食的なメニューに乗っかっているように見えてしまう。
[PR]
by tenki00 | 2008-08-27 00:23 | pastime
<< 感心している くにたち句会八月のお知らせ >>