俳句漫遊記150 書く

腹這ひにもの書きにけり雛の夜  加茂 樹

パソコンを使うことが多くなっても、「パソコンで書く」とは言わない。書くのは、やはり「手」なのだ。

でも、これからは、どうなのだろう? 若い人が字を書くのを見ていると、鉛筆(ペン)の持ち方が、私の知っている感じとは違う。むかしは見なかった字癖もよく目にする。いろいろと変わっていくのですね。

『豆の木第12号』(2008年4月)より。
[PR]
by tenki00 | 2008-05-31 21:19 | haiku-manyuuki
<< 俳句漫遊記151 蓋 俳句漫遊記149 神聖と卑俗 >>