俳句漫遊記142 見える

ねころびて花野のすきま見てをりぬ  矢羽野智津子

『豆の木第12号』(2008年4月)より。

たしかに、寝ころんでしか見えないものがありそうです。「花野のすきま」もそのひとつだというこの句に納得。
[PR]
by tenki00 | 2008-05-19 12:01 | haiku-manyuuki
<< インドア プエルトリコから >>