俳句漫遊記139 ああ!

ミザリー♪と、そこが肝心とばかりに聞こえてくる歌が、ポップミュージックにはいくつもあったような気がする。声を絞り出すように、あるいは声を震わせて。

曇天の紅葉がらんとああ無情  三宅やよい

『豆の木第12号』(2008年4月)より。

ヴィクトル・ユーゴー「レ・ミゼラブル」に『噫無情』のタイトルを付けたのは黒岩涙香。「噫(ああ)」をアタマにくっつけたセンスは、こう、なんというか、感心するほかない。
[PR]
by tenki00 | 2008-05-15 08:33 | haiku-manyuuki
<< 俳句漫遊記140 ゆくえ ここ数日のヘヴィーローテーション >>