俳句漫遊記138 色違い

十二月タイルいちまいいろちがひ  星 力馬

『豆の木第12号』(2008年4月)より。

左官屋さんの「ちょっとひとくふう」なのでしょうか、たしかにこういう意匠があります。チープさ、すこし。昭和の感じもすこし。いい景色です。

こんな句もある。

  冷麦のももいろ二本男娼風  鳥居真理子(『月の茗荷』より)
[PR]
by tenki00 | 2008-05-13 21:30 | haiku-manyuuki
<< ここ数日のヘヴィーローテーション 裏口を開けてかってに >>