大阪 reprise

また始めてみるざんす。blogランキング→クリッククリックゥ~

  *
一度いじった手前。

大阪府知事選については、有権者の政治システムに対する無根拠な楽観(「誰がなっても、何とかなる」)と無根拠な悲観(「誰がなっても、どうにもならない」)のアマルガムが表出したものであり、その選択の根拠がいずれも「無根拠」という点で、評価することのむずかしい選択である。(…略…)このあと数ヶ月以内に、メディアは集中豪雨的に橋下知事のスキャンダルと政治的無策に対する攻撃的報道を開始するであろうし、有権者の多くはそれを期待している。「持ち上げて」から「落とす」のはテレビ視聴者のタレントに対する基本的な態度だからである。おそらく、それからあとの残任期間、大阪府政は長い停滞を余儀なくされるだろうが、それを代償に差し出しても、府民は「目先のスペクタクル」を選択したのである。
内田樹 http://blog.tatsuru.com/2008/02/12_1607.php より

大阪、あるいは近畿地方の「空気」というもの、正直言って、ここ東京西郊までは届いてこない。
[PR]
by tenki00 | 2008-02-13 21:04 | pastime
<< 俳句漫遊記121 ちょうどいい... 記憶の穴 >>