俳句漫遊記119 養鶏

  吉良常と名づけし鶏は孤独らし  穴井太

1963年『鶏と鳩と夕焼けと』に収められた有名句。

ほか、鶏で、こんな句も。

  己が羽くわえて歩く羽抜鶏


穴井太は、養鶏をやっていた。「吉良常」という名の鶏は実在した。それを知って、なんだか知らないが、ちょっと胸が熱くなった。


なお、穴井太とこの句は以前すでにとりあげている。
http://tenki00.exblog.jp/4227909/
[PR]
by tenki00 | 2008-02-06 03:38 | haiku-manyuuki
<< 制約 表と裏 >>