大阪府知事選

タレント議員がなぜダメなのかを説明するのは難しい。結局は個人が問題なのだし。

しかし、そんなことより、大阪がながらく、ある種の蔑視のなかにあることを、大阪の人たちは知っているのだろうか?

このところのネット的表記にしたがえば、大阪(笑)

この(笑)は、気持ちのいい笑いではない。府知事選がどんな結果になっても、「大阪だから、しかたないですね(笑)」といった感じ。笑う・笑われるは、この場合、気持ちのいい関係ではない。

大阪府民全員=漫才師(これ自体、じつはちょっと痛々しいものなのだが)と、大阪府民自身が思い込み、「笑われる(嗤われる)」ことを「ウケた」と解釈するのは、とんだ勘違いだと思う。

選挙的脈絡の「大阪(笑)」は、横山ノック、あるいは西川やすしに始まったことは間違いないが、文化的・社会的脈絡の「大阪(笑)」はもうすこし複雑な経緯がありそうだ。このへん、誰か、研究しないかしらん(もう、論文とかあったりして)。
[PR]
by tenki00 | 2008-01-26 00:35 | pastime
<< 大阪府民のみなさま 数字じゃなかったりして >>