すぽんと

むかしクルマを運転中にギアシフトのグリップ、手の握りの部分が、すぽんと抜けたことがあった。

すぐに元の位置に差したが、「なにすんねん?」と心の中でクルマにツッコミを入れ、同乗者と大笑いした。

最初に乗ったクルマには愛着がわく。ハンドルは糞重いし、エンジンの振動もすごかった。それでも、いま振り返って一番愛したクルマだ。そのときも「ああ、いい感じに笑わしてくれるなあ」と感心した。

同様の事件があった。

2008/01/21-18:34 F2機、飛行取りやめ=操縦桿グリップ外れる-空自
防衛省の航空幕僚監部は21日、航空自衛隊三沢基地(青森県)所属のF2支援戦闘機に、操縦桿(かん)のグリップが外れるトラブルが発生したと発表した。

きっとパイロットは、私と同じく、「なにすんねん?」とF2機にツッコミを入れ、元に戻し、大笑いしたのだろうと想像する。

グリップが抜けたくらいで事故を起こすようなら、それは設計が劣悪ということだし、ね。

世の中、予想外のトラブルがときどき身に降りかかる。だから楽しい。それがなければ、退屈で死ぬ。
[PR]
by tenki00 | 2008-01-22 03:24 | pastime
<< 選ぶ句と愛する句 お知らせ:1月のくにたち句会 >>