喜楽★★★

三ツ星レストラン? 新シリーズの予感。

あなたがJR南武線谷保駅近くで昼ごはんを食べる、ということになったとする(そんなことはあまり起こらないだろうが)。そのときオススメは、喜楽という中華屋さん。わが家で「おっちゃんとこ」と呼んでいる店だ。

〔推奨メニュー〕
肉丼(近くの調理師学校エコールキュリネールの生徒さんの人気投票でこの店の第1位メニューに輝いた)
五目炒麺
広東麺(yuki氏推奨)
天津丼(餡の味が濃すぎるので横にどけながら食べる)
チャーハン+半ラーメン

中華屋なのに、大将(おっちゃん)がコック帽をかぶっているのは、もともとトンカツ屋でスタートしたが、客がつかず、中華屋に変わったから、というのは国立の草分け・セキさんから聞いた話。

おっちゃんのほか、婆ちゃん各種が2名稼動でローテ。飲食のサービスは、女性の場合、年齢がかさむほど良い、落ち着く(私がスカイラークよりもジョナサンを愛する理由は、そこ)。喜楽の婆ちゃんらのレベル、かなり高い。

テレビあり。日曜昼はNHKのど自慢がかかっている。

喜楽の担々麺を語るブログ記事↓(必読推奨)
http://blog.so-net.ne.jp/barfukusuke/2005-05-29

店を出るとき、「ごちそうさまでした」「どうもね」と、このやりとりに幸福を味わえる、稀有な店。
[PR]
by tenki00 | 2007-12-26 02:20 | pastime
<< スンガリー飯店★★★ 審査員(笑) >>