犬か猫か

犬が好きか猫が好きか、というのをよく言うけれど、どっちも好きな人間にとっては、こんな質問があること自体、わからない。

どっちも好きです(繰り返し)。

しかしながら、一緒に住むのにどっちがラクかといえば、猫に決まっている。猫は、犬に比べて、手がかからない。風呂も散歩も躾も要らない。

性分のいい猫だと、食餌とトイレを用意するだけ。うちのフェル氏は、おしっこは、風呂の排水口にするので(躾もなく自分から昔からそうしている)、トイレの砂の交換頻度も少ない。キャットフードの趣味も一定で、あれこれ思案することもない。食卓に上げない、人間の食べるものをやらない、これだけは徹底させたので、こちらの食事中に行儀の悪いマネもしない。

犬はなかなか大変だ。きちんと躾れば、ほれぼれするような犬に育つが、飼う人間がだらしないと、どうしようもない駄犬になる。うちの田舎のビーグル犬が典型。でも、駄犬だから、かわいくないかというと、そうでもない。かわいい。d0022722_18191233.jpg

というわけで、前置きが長くなったが、豆ンバー(俳句同人「豆の木」のメンバーの略)の吉田悦花さんが『イヌ好きが気になる50の疑問』(サイエンス・アイ新書)を上梓された。

「買い」である。
[PR]
by tenki00 | 2007-07-17 18:19 | pastime
<< 悪魔のように… 「シェイクスピア問題」かあ、な... >>