俳句漫遊記107 笠井亞子

春今宵オペラかすてら仮住ひ  亞子

こういう句をつくるには、港区に住んでないとダメ。新宿区、渋谷区あたりじゃ、この句の「春今宵」で入って「仮住ひ」で締める、このなんといえない空気は醸せない。多摩地方は論外。

表記のことをとやかく言うのはきらいだけれど、この「かすてら」ほど「かすてら」なものはないというほど、ぴしっと決まっている。

しゃれてます。そして、ちょっと哀しいです。


『月天』第9号(06-12-2)所収。
[PR]
by tenki00 | 2007-01-22 09:10 | haiku-manyuuki
<< 俳句漫遊記109 なむ烏鷺坊佐山哲郎 人生、待つこと、これ大事 >>