俳句漫遊記103 斉田仁

老人の春機炭火の匂いして  仁

まいった。

こういう句に出会えるから、やめられまへんなあ、俳句。

『月天』第9号(06-12-2)所収。
[PR]
by tenki00 | 2007-01-17 21:45 | haiku-manyuuki
<< 俳句漫遊記104 山口東人 俳句漫遊記102 村田篠 >>