俳句漫遊記94 山本勝之

山本★人、界隈復帰記念!*****
          ※『百句会報100号記念特別号』(2006年9月16日)より転載。

街角に薔薇色の狼の金玉揺れる  勝之

俳句、この「たかだか二十数文字」(勝之談)の容れ物で、この人は何を言おうというのだろう。ここで「街角」とは、彼の歩いた、見た、駆けた、嗅いだ、女に追われた、女を追った、立ちすくんだ街角。「薔薇色の狼」とはまたなんと豪勢なイメージだ。おまけに「金玉」である。さらには「揺れる」のである。しかし、それで、この人はいったい何を言おうというのか。

それはきっと「すべて」である。しばしば彼は「すべて」を籠めようとする。ひとかたまりの言葉に、彼が手にするものの「すべて」をぶちこもうとする。

俳句をつくるとは、糸屑のごとき無用なものを針穴に通すような作業である。「すべて」など、俳句という微細な針穴に通るはずがない。だが、彼は、知ったことかと言わんばかりに、剛毅に、言葉の豊かさに向かってぐいぐいと突き進む。これでもかと突き進む。そして字が余る。言っておくが、俳句は基本的に十七文字である。

そんな彼も、近年は、おとなしく五七五に収めたりもする。巧い定型句を作って、皆を驚かせたりもする。しかし、私はいまも、彼の長ったらしい俳句を愛してしまう。市民に紛れ込み市井に身を隠すような真似はせず、豪快に詠みきっていただきたいと願うのだ。

掲句は『百句会報』第38号(2000年10月21日)所収。史実も押さえておこう。山本勝之氏の百句会初参加は1998年8月22日。会報第19号に、「エビセン二つ三つ鼻につめてみる子規忌」ほかの掲載がある。
[PR]
by tenki00 | 2006-11-03 00:29 | haiku-manyuuki
<< コンピ句 compi-ku ち... 「大衆性と文学性」シンポを聞い... >>