コンピ句 compi-ku ちょっと色っぽいところを

べつべつのところで作られた2句をむりやり同衾させてしまう。

身の芯を一直線に寒気団  小野富美子

その朝の夢の猟銃なる角度  佐山哲郎
身体感覚を詠む女流俳人は多い。男性にとって、という身勝手な但し書きがつくが、ちょっと間接的に詠んでくれたほうがありがたい。粋な色っぽさが出る。もろ臓器だとか部位だとか、もろ交尾だとか、よりも、ね。

「猟銃」が何を指すかは説明させないでほしい。2つ並べると、1句と1句で味わうのとはまた別の感興。感興の意味がわかんねえ、という方は、……まあ、わからんでよろしい。

掲句(上)は聞き覚え。富美子姐さんは「麦」の先輩。掲句(下)は佐山哲郎句集『東京ぱれおろがす』(西田書店2003)所収。

このおふたりのコンピ句、もうワンセット見つけた。

花筵ここは一服盛るところ  哲郎

満山の桜耳朶より火照りくる  富美子
掲句(上)は同じく『東京ぱれおろがす』所収、掲句(下)は聞き覚え。


オヤジネタです、はい。
[PR]
by tenki00 | 2006-11-05 01:15 | haiku
<< 俳句漫遊記95 中島斌雄 俳句漫遊記94 山本勝之 >>