セイウチ【動】

スガシカオという人のNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」(この番組、ときどき観るけど、くさおもしろい=臭いけど面白い)の主題歌と、この曲がお手本にしたビートルズの曲を聞き比べてみる。

2006年 http://youtube.com/watch?v=rsWTBVEHglw
1967年 http://youtube.com/watch?v=gtyTbQ75GDU

好みとかを別にして、冷静にわれわれミュージシャン(笑)が聞いて、明らかに後者、すなわち40年近く前の曲(演奏)のほうが数段、それはもう比べもんにならないくらい刺激的でカッコいい。ううむ。凄いことだ。特別のビートルズ・ファンというわけではないが、「凄い」と言うしかない。

なにしろ40年前なんである。音楽とはそういうもの、とも言えるが、アコースティックな代物ではない。アンプリファイドなもので、40年前のほうが数段凄いというのは、とても凄いことなのだ。器機や技術も進んでいるし、また、あとからやる音楽は、参照(引用)も豊富だ。なのに、これ、である。スガシカオという人は、洒落た音楽をやる人である。なのに、これ、である。

ビートルズ+ジョージ・マーチンはポップ音楽史上の大事件だったわけですね、つくづく。
[PR]
by tenki00 | 2006-08-12 23:57 | pastime
<< 歌仙「梅月夜の巻」満尾 おふらんす料理 >>