タイヤの下敷き

昼ご飯を食べに、クルマで出かけ、目的のうどん屋に到着、私は助手席から降り、後部ドアを開け、後部座席に置いてあったバッグに手を伸ばした。そのとたん、yuki氏、何も気づかずに発車。わっ!「発車オーライ!」って言ってないのにー!

ドア開けたまま引きずられるか?と思った瞬間、タイヤが私の足の上に! ぎゃ! 痛痛痛! 叫び声を上げると、yuki氏、ブレーキ。自然なレスポンスかもしれないが、私の足にとっては災難だ。タイヤが足の上に乗っかったままになった。停まらずに行ってくれれば、足を踏み越して、一瞬痛いだけで済んだのに、タイヤがちょうど足の上で停止状態。yuki氏「だいじょぶ?どっち行けばいい?バック?」「いや、そのまま前、前」 やっとどいてくれた、タイヤ。

というわけで、左足の親指、潰れました。

さて、今日の10句も、100題100句・夏の別館から。027:火星から036:縁まで。
いつまで続けるんだ?鬱陶しい!という声もあろうが、いつまでか、私にもわからない。1年続ければ、3650句になる。そうとう多い。もちろん、それがどーしたという話だ。

ま、ともかく、10句ざんす。題を付けるのは、あまりに意味がなさ過ぎるので、1回でやめた。 やっぱり付ける。 

蛾 が
俳諧や頭ばかりの火星人
いま茄子の糠漬むかし爆撃機
その直後みんな浮輪を抱いてをり
愛国やかたかたかたと廻る寿司
炎天や墓に凭るる墓ひとつ
蜜豆の匙をこぼるる豆と蜜
太郎花子泡より生れて大南風
蔓薔薇のあまた下五の揺れてをり
昼寝より覚めて知らない木ばかり
濡れ縁にロシア貴族のやうな蛾が
[PR]
by tenki00 | 2006-07-31 22:55 | pastime
<< 告知; 「100題100句」 怖いもの >>