パリに雨

前半20分でGKレーマンの退場がなければ、その時点でバルセロナ1-0アーセナル。お互いに攻め合い、もっと点差が離れていたかもしれないが、アンリの場面はもっと増えただろう。10人対11人。それでもアンリにゴールのチャンスが一度あった(GK退場前にも一度)。そしてなにより、1アシストとなったフリーキックは、もうなんとも言えない代物であったし。

戦前、ロナウジーニョとアンリが注目を集めたが、こんなときはどちらでもないプレーヤーが主役になる。渋く選べば、主役は後半16分に入って2アシストのラーション、あるいは監督ライカールト。いずれにせよ、ロナウジーニョの目立たない試合だった。

退場者が出て人数が不均衡になった試合、ふつうなら興味のそがれるところだが、それでもコク・旨味がああるから不思議。けれども、その意味では、前半10分で、もう腹一杯というくらいの内容の濃さ・プレイの品質の高さ。ともかく満喫いたしました。

で、アンリは来季、どこ?

  さくらんばう輝くパリは雨だといふ   てんき

俳句ブログっぽ。 
[PR]
by tenki00 | 2006-05-19 18:57 | pastime
<< とりあえずたくさんつくる不健康... こんな季語はヤだ >>