電器製品の寿命

修理に出していたCDプレーヤーが戻ってきた。トレイが動かない不具合で、それは直ったのだが、光学系の故障(データを読み取らない等)が起きた場合は、部品の取り寄せはきっと無理、そのときは諦めてくれということだった。PhilipsのLHH-700という機種(1991年発売)で、このプレーヤーの柔らかくしなやかな音をいたく気に入っており、これからもずっと長く使っていたいのだが、なにしろ15年前の製品だから、部品がないという哀しい仕打ちにも文句は言えない。ある日、ぷすんと、音が出なくなるまでつきあうことにする。
[PR]
by tenki00 | 2006-03-24 01:04 | pastime
<< 「俳壇」の機能? 間違い >>