2月になった

2月1日のあれこれ。

偶然が愉しいのはなぜだろう? 『俳句研究』という雑誌をこのあいだ買ったら、俳句手帳がオマケで付いていたから、再生ゴミの袋に捨てた。ところが、朝比古さんの句が2月3日に載っていると聞いて、あわててゴミ箱から取り出す。ページをめくってみると、なんと、2月4日が田沼さんの句だった! 驚いた。私には俳人の知り合いが少ないので、これは大した偶然なのだ。偶然というのは、意味もなくちょっと愉しい。

旬? そうでもない? LD関連。興味深かったブログ記事2本。 
http://plaza.rakuten.co.jp/hirakawadesu/diary/200601310000/
http://ch.kitaguni.tv/u/310/0000315284.html

知人の知人が知人のトヨタの男に「自動車の値段って、どう決めるの?」と訊いたら、「表面積」という答え。表面積!? ボディの? それとも部品全部合わせての? ううむ。いずれにしても反応しようがない。納得感がまったくない。嘘なのか、冗談なのか、深い真実があるのか。なんだか不思議な謎のようで、明朝まで尾を引きそうだ。
[PR]
by tenki00 | 2006-02-01 21:52 | pastime
<< 「煮て」と「煮え」 「青年」の俳句 >>